Apple Watchの使い方 - バッテリー残量を表示する2つの方法

Apple Watchのバッテリー持続時間は、通常の使用で18時間程度とされています。決して長持ちするとは言えないデバイスなので、使用頻度の高い方は残量を気に留めておく必要がります。

Apple Watchでバッテリー残量を確認する方法は2通り。1つは残量表示を文字盤に追加する方法です。残量を頻繁に確認したい方はこの方法がいいでしょう。

もう1つの方法は、グランスから確認する方法です。バッテリー残量が気になったときに、スワイプ一つで確認ですることができます。

省電力モードの使い方


文字盤にバッテリー残量を表示する

ここでは、10個用意されている文字盤の1つ「ユーティリティ」を例に説明していきます。

【カスタマイズ】をタップ

文字盤

文字盤を強く押して編集モードに切り替え、【カスタマイズ】をタップします。

画面を左にスワイプ

画面を左へ左へとスワイプします。どの文字盤でも機能を追加する画面は最後にあります。

画面を左にスワイプ

バッテリー残量を表示する場所をタップ

表示する場所をタップ

「ユーテイリティ」でバッテリ残量を表示できる場所は2箇所。どちらかをタップします。

デジタルクラウンを回してバッテリーを選択

Apple Watchの側面にあるデジタルクラウンを回すと、追加できる機能が切り替わっていくので、【バッテリー】を選択しましょう。

デジタルクラウンを回す

バッテリー残量が表示された

バッテリー残量が表示された

デジタルクラウンを2回押して編集作業を終了します。

これで、文字盤にバッテリー残量が表示されるようになります。

グランスでバッテリー残量を確認する

文字盤にバッテリー残量を表示させたくない場合は、グランスから残量を確認しましょう。

グランスを開く

文字盤を上にスワイプしてグランスを表示します。初期設定では、「アクティビティを設定」が開くので、右にスワイプしてください。

グランスを開く

バッテリー残量が表示された

バッテリー残量が表示されました。文字盤に戻るときは、画面を下にスワイプしてください。グランスは最後に表示したものが開くので、以降は文字盤を上にスワイプするだけでバッテリー残量を確認できるようになります。

バッテリ残量が表示された

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報