Apple Watchの使い方 - 省電力モード

Apple Watchには、バッテリー駆動時間の短さを補うために「省電力モード」が搭載されています。同機能ではiPhoneとの通信を遮断し時計表示のみを有効にすることで、バッテリー駆動時間を最大で72時間まで延ばすことができます。

また、通常モード時にバッテリー残量が10%を切ると、自動で省電力モードに切り替わります。

Apple Watchのバッテリー駆動時間に関する詳細情報は、アップルのホームページをご覧ください。

バッテリー残量を表示する2つの方法


電源オプションから省電力モードにする

【省電力モード】を右にスワイプ

サイドボタンを長押しして電源オプションを表示させ、【省電力モード】を右にスワイプします。

電源オプション

省電力モードになった

省電力モード

これが省電力モードです。省電力モード時には、このシンプルな時計を6秒間表示させること以外は何もできなくなります。

グランスから省電力モードにする

グランスを開く

文字盤を上にスワイプしてグランスを表示し、バッテリーのグランスに切り替えます。
※グランスを切り替えるには、画面を左右にスワイプしてください。

グランスを開く

【省電力モード】をタップ

【省電力モード】をタップして、【続ける】をタップしてください。

省電力モード

省電力モードになった

表示する場所をタップ

省電力モードになりました。

省電力モード時に時計を表示する

省電力モード時に時計を表示するには、サイドボタンを押す必要があります。通常モードのように手首を目の前に持ってきても時計は表示されません。

省電力モードを解除する

サイドボタンを長押しする

解除する

省電力モードを解除するには、アップルのロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

その後、Apple Watchは通常モードとして再起動します。

充電すると省電力モードは解除される

Apple Watchを充電器に置きしばらくすると、アップルのロゴが表示され、省電力モードは解除されます。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone 6s 最新情報

iPhone 6s 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報