Apple Watchの使い方 - watchOSのアップデート方法

Apple Watchのソフトウェア・アップデートは、iPhoneのApple Watchアプリから行います。アップデートする際は、Apple Watchが以下の条件を満たしている必要があります。

・iPhoneの通信圏内にある
・充電器に接続されている
・50%以上充電されている


【ダウンロードとインストール】をタップ

ダウンロードとインストール

iPhoneのApple Watchアプリを起動し、【マイウォッチ】>【一般】>【ソフトウェア・アップデート】>【ダウンロードとインストール】の順にタップします。

アップデートの内容を見る

アップデートの内容を確認するには、《ソフトウェア・アップデート》画面で、【詳しい情報】をタップしてください。

詳しい情報

使用条件に同意する

使用条件

《使用条件》の画面が表示されるので、【同意する】をタップします。

※パスコードロックが設定されている場合は、パスコードの入力が求められます。

ダウンロードが開始される

ダウンロード開始

ダウンロードが開始されます。アップデートが完了するまで特に何もする必要はなく、自動でプロセスが進んで行きます。

ただ、Apple Watchにパスコードを設定している場合は、インストールの前にパスコードの入力が求められます。

アップデート完了!

アップデート完了

Apple Watchが再起動し、アップデートが完了すると、《ソフトウェア・アップデート》画面に「お使いのソフトウェアは最新です。」と表示されます。

Apple Watchでソフトウェアのバージョンを確認する

バージョン

Apple Watchのデジタルクラウンを押してホーム画面を表示させ、【設定】>【一般】>【情報】とタップすれば、watchOSのバージョンを確認することができます。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone 6s 最新情報

iPhone 6s 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報