Apple Payに登録したカードを削除する

Apple Payに登録したSuicaやクレジットカードは、Walletや設定アプリから簡単に削除することができます。万一、iPhoneを紛失したとしても、パソコンからwww.icloud.comにアクセスして、カード情報を削除することも可能です。

削除したカードは、Walletから何度でもApple Payに登録しなおすことができますし、Suicaの残額もそのまま戻ってきます。

iPhoneにクレジットカードを登録する

Walletからカードを削除する

削除したいカードの詳細画面を開く

【Wallet】を開き、削除したいカードをタップで選択して、画面右下のをタップします。

wallet

カードを削除する

画面を一番下までスワイプして【カードを削除】をタップ。警告画面が表示されるので、もう一度【削除】をタップしてください。

カードを削除

削除された

削除された

カードが削除されました。

メインカードを削除した場合
メインカード

メインカードを削除した場合、他のカードが自動的にメインカードに設定されます。

メインカードを変更するには、【設定】をタップして変更してください。

メインカードってなに?という方は、以下の記事を参照してください。

複数登録したカードの中からメインカードを設定する

設定からカードを削除する

【WalletとApple Pay】を開く

WalletとApple Pay

ホーム画面から【設定】を開き、【WalletとApple Pay】をタップします。

カードを選択する

カードを選択する

削除したいカードをタップします。

カードを削除する

画面最下部にある【カードを削除】をタップ。警告画面が出たらもう一度【削除】をタップしてください。

削除

削除された

削除された

カードが削除されました。

その他、ApplePayが削除される場合

iCloudをログアウトしたり、Touch IDまたはパスコードを解除すると、登録していたカードはiPhoneから削除されます。カードを再びiPhoneに登録するには、Walletからカードを登録してください。

www.icloud.comから削除する

【設定】をクリック

パソコンのウェブブラウザからwww.icloud.comにログインして、【設定】をクリック。

設定

デバイスを選択する

[マイデバイス]に、同一Apple IDでログインしているデバイスの一覧が表示されるので、Apple Payを削除したいデバイスをクリックします。

デバイスを選択する

削除する

Apple Payに登録しているカード情報の下にある【すべてを削除...】をクリックします。※1枚だけ削除することはできません。

削除する

確認画面が表示されるので、【削除】をクリックしてください。

削除

カード自体はデバイスに残る

カードを削除

Walletを開いてみましょう。www.icloud.comからカードを削除するとカードは使えなくなりますが、Walletにカード自体は残ります。

デバイスが手元にある場合は【カードを削除】をタップして、Walletからカードを削除しておきましょう。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報