リマインダー

iPhoneに標準搭載されている「リマインダー」は、とっつきにくさはあるものの、使い方さえマスターすればとても便利なアプリです。覚えておくべきことややるべきことなどを書き留めておくことで、こちらが設定したタイミングで通知してくれます。

通知のタイミングは、時間指定の他にも、自宅に着いたときや出発するときなど、場所を指定することも可能です。もちろん、Siriにも対応しているので、ほんの小さなことでも漏れなくリマインダーに追加することができます。

リマインダーを呼び出す

ホーム画面

ホーム画面の【リマインダー】をタップします。

リマインダーの基本構成:リストとリマインダー

リマインダーアプリの基本的な構成要素に、リストとリマインダーの2つがあります。リマインダーは、「今晩牛乳を買う」「明日15時にA社訪問」など、個別具体的なやるべきことや思い出すことを表します。一方のリストは、それらの項目をわかりやすく分類するフォルダに相当します。

例えば、「今晩牛乳を買う」だと、「買い物」というリストに入れておくのが良いでしょうし、「明日15時にA社訪問」なら、「予定」や「スケジュール」などのリストに入れるのが良いでしょう。

リマインダーアプリでは、個別の思い出す項目をどこかのリストに入れなければなりません。

リスト

リスト

リマインダーを起動すると、初期設定ではリストの一覧に「時間指定」と「リマインダー」の2つが表示されます。

ちょっとややこしいですが、この「リマインダー」は「リマインダー」という名前のリストです。

全般的な内容のリマインダーや既存のリストのどこにも適さないようなリマインダーは、とりあえず「リマインダー」リストに入れておくのが良いでしょう。

リスト一覧

リストの一覧画面は項目を増やしていくと、こんな感じになります。右端の数字はそのリストに属するリマインダーの数を表します。

ファミリー共有を設定している場合

iCloudにログイン済みで、ファミリー共有の設定をしている場合、「Family」というリストが自動で追加されます。このリストは家族のメンバーと共有されます。

ファミリー共有の設定方法

リマインダー
各リストをタップすると、 リマインダーの一覧が表示されます。

リストとリマインダー

新規作成

では、リストを作成していきましょう。《リマインダー》というリストがあらかじめ用意されていますが、これは必要なければ削除することができます(後述)。

【+】をタップ

新規リスト

リストの一覧画面で、右上の【+】をタップします。【+】が表示されていない場合は、画面を下にスワイプすると現れます。

リストを選択

リスト

メニューの中から【リスト】をタップします。

リストを作成する

リストを作成する

《新規リスト》の部分にリストの名前を入力。必要であれば色を選択して【完了】をタップします。

リストが作成された

リストが作成された

リストが作成されました。

リマインダーを入力する

次に、空のリスト(買い物)をタップして、リマインダーを入力していきましょう。キーボードの「return」または「改行」をタップすると、次のリマインダーを入力できます。入力が終わったら、【完了】をタップしてください。リマインダーが作成されます。

リマインダーを入力する

リマインダーの一覧からリストの一覧に戻る

リマインダーの一覧で、リスト名の辺りをタップするか下にフリックすると、リストの一覧画面に戻ります。または、リマインダーの一覧の最下部をタップしても、リストの一覧に画面が切り替わります。

リストの一覧に戻る
クイックアクションからリマインダーを作成する

ホーム画面のリマインダーアイコンを強く押すと、ショートカットメニューが表示されます。このメニューからリマインダーを作成することもできます。

クイックアクションの使い方

リマインダーの詳細設定

リマインダーには通知機能が備わっており、通知する日時や場所を指定することができます。

「通知」と「通知センター」の使い方

リマインダーを選択する

リマインダーの一覧で、詳細設定をする項目を選択し、右端に現れる【i】をタップします。

リマインダーを選択する

指定日時で通知する

指定日時で通知
リマインダーの詳細が開きます。【指定日時で通知】のスイッチをオンに、そして【アラーム】をタップして日時を設定します。

指定日時で通知
時間指定リスト

時間指定を設定したリマインダーは、【時間指定】リストにも自動で登録されます。

時間指定リスト

繰り返し
定期的に同じリマインダーを通知したい場合は、【繰り返し】の設定をしておくと便利です。毎日、毎週、2週間ごとなど、あらかじめ用意されているもののほか、【カスタム】を選択すれば、繰り返しの間隔を自由に設定できます。

繰り返し

繰り返しの終了
「繰り返し」を設定した場合は、【繰り返しの終了】も設定できます。【繰り返しの終了日】をタップしてチェックを入れ、日付を設定して、最後に【完了】をタップしてください。

繰り返しの終了

通知の日時が設定された

リマインダーの詳細画面に戻ります。右上の【完了】をタップすれば、設定が確定します。

通知の日時が設定された

指定場所で通知する

リマインダーには、時間指定による通知のほか、場所を指定することでも通知を設定できます。例えば、指定場所を自宅に設定すると、自宅到着時または出発時に通知を受けることができます。

「指定場所で通知」をオンにする
リマインダーの詳細画面で、【指定場所で通知】をオンにして【場所】をタップ。検索欄に場所の名称または住所を入力するとその下に検索候補が表示されるので、該当するものをタップします。

指定場所で通知

通知のタイミングを設定する
【到着時】または【出発時】を選択します。左上の【詳細】をタップしてリマインダーの詳細画面に戻り、右上の【完了】をタップして設定を確定させます。

通知のタイミング

場所が設定された

場所

通知の場所が設定されました。

優先順位

優先順位を設定すると、リマインダーに「!」が付与されます。

優先順位

リストの変更

【リスト】をタップすると、他のリストに変更することができます。

リストを変更

メモ

メモを書き添えることも可能です。

メモ

デフォルトのリスト

ホーム画面の【設定】を開き、その中にある【リマインダー】をタップすると、【デフォルトのリスト】を選択することができます。リストを指定せずにリマインダーを作成した場合やSiriを使ってリマインダーを作成した場合は「デフォルトのリスト」に追加されることになります。

デフォルトのリスト

Siriの使い方

編集する

リストの順番を入れ替える

リストの順番を入れ替える

移動させたいリストを長押しして、上下にドラッグすることで、順番を入れ替えることができます。

リマインダーを編集する

リマインダーの一覧画面で【編集】をタップすると、リスト名の変更リマインダーの削除カラー・並び順の変更、iCloudにログインしている場合は、(他のiCloudユーザーとの)共有の設定ができます。また、画面下の【リストを削除】をタップすれば、リスト自体を削除をすることができます。

編集する

実行済みの項目を隠す

すでに実行したリマインダーは削除してもいいですが、「実行済み」にして非表示にすることもできます。非表示にした項目は、あとからいつでも再表示することができます。

リマインダーの一覧画面で、「実行済み」にしたい項目の左端にある【○】をタップしてチェックをつけます。すると、リストの項目数が一つ減ります。

実行済みにする

リストの一覧画面に戻り、もう一度先ほどのリストを開いてみましょう。

実行済みにした項目が非表示になっています。再び表示させたいときは画面下の【実行済みの項目を表示】をタップしてください。

実行済みの項目を表示

通知を受ける

iPhone起動中

iPhoneを起動中(操作中)に通知があると、「実行済みにする」または「後で」を選択して、再通知を設定することができます。
※iPhoneがロック時の通知は、通常の通知と変わりません。

ダイアログ通知

ダイアログ

バナー通知

バナー

バッジ表示

バッジ表示

指定時間が過ぎたリマインダーは、ホーム画面にバッジ表示されます。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報