カレンダーの使い方:出席依頼を送る / 返信する

「カレンダー」アプリでイベントへの出席依頼を送ってみましょう。主催者が行うことは、イベントの情報を入力して、招待する相手を選ぶだけ。出席者・欠席者の管理はアプリが自動で行ってくれます。

イベントに招待された人は、アプリ上で「出席」や「欠席」を選ぶだけで返信できます。さっそく、出席依頼の送り方と、返信方法を見ていきましょう。


下準備 - カレンダーを同期する

「カレンダー」アプリで出席依頼を送受信するには、iCloudのカレンダーをオンにしておく必要があります。出席依頼はiCloudの他にもMicrosoft Exchangeおよび一部のCalDAVサーバでも使用可能です。

iCloudの設定方法

カレンダーを同期する(iCloud、Google、CalDAV)

出席依頼を送る

【予定出席者】をタップする

イベントの出席依頼を送ってみましょう。
「カレンダー」アプリで新規イベントを作成します。《新規イベント》画面で【予定出席者】を開いて【+】をタップします。

イベント(予定)の追加方法

新規イベント

予定出席者を選ぶ

《すべての連絡先》から招待したい人を選んで【完了】をタップ。

すべての連絡先

【< 新規イベント】をタップする

予定出席者を追加

さらに予定出席者を追加したり、削除したい場合は【予定出席者を追加】から変更します。

予定出席者を設定し終えたら【< 新規イベント】をタップして《新規イベント》画面に戻ります。

イベントを追加する

新規イベント

【追加】をタップしてイベントを保存すると、出席依頼が送信されます。あとは出席の返事がくるのを待ちましょう。

出席依頼の返事を確認する

イベントを開く

イベント

では、出席の返事をチェックしてみましょう。カレンダー上のイベントをタップして詳細を開きます。

予定出席者の返事を見る

《イベントの詳細》画面に、予定出席者の返事が表示されます。予定出席者をタップすると、《予定出席者》画面で返信済み/未返信の人を分けて確認できます。《予定出席者》画面において、返信内容(出席/仮承諾/欠席)はマークによって見分けられます。

予定出席者
メールでイベントのお知らせを送る

予定出席者にイベントのお知らせをメールで送ることもできます。メールボタンをタップすると、イベントの概要が記載されたメール作成画面が開きます。重要なイベントは「カレンダー」アプリでの招待と合わせて、メールでもお知らせしておくとよいでしょう。

メール

欠席の通知を確認する

通知

欠席を選んだ人がいた場合は、通知が届きます(出席・仮承諾の通知は、「カレンダー」アプリのみにされます)。

欠席の通知は「カレンダー」アプリにも届きます。【出席依頼】をタップし【新規】タブを開くと、欠席の通知を確認できます。【OK】をタップすると通知が消えます。

出席依頼
イベントの情報を変更する
イベントの詳細

イベントの情報は【編集】から変更できます。日時や場所を変更すると、予定出席者への出席依頼が再送信されます。

出席依頼に返信する

出席依頼の受信通知が届く

今度は、出席依頼への返信方法をご紹介します。出席依頼を受信すると、通知が届きます。

通知

【出席依頼】を開く

「カレンダー」アプリを開いて【出席依頼】をタップします。【新規】タブに出席依頼があったイベントの概要が表示されるので、タップして詳細を見てみましょう。詳細を見るまでもない場合は、イベント名の下の【出席】【仮承諾】【欠席】をタップして、すぐに返信することもできます。

出席依頼

回答を選択する

イベントの詳細

イベントの詳細を確認し、【出席】【仮承諾】【欠席】の中から回答をタップして返信してください。

回答を変更する

出席依頼への回答は、あとから変更することも可能です。変更するには【出席依頼】をタップして、【返信済み】を開き【出席】【仮承諾】【欠席】を選び直します。

出席依頼

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報