iPhone 7 Plusの新機能、ポートレートモード

iOS 10.1から、iPhone 7 Plusのカメラにポートレートモードが追加されました。同機能は現時点ではベータ版であるものの、7 Plusに搭載されている2つのカメラレンズを活用し、背景をぼかした写真を撮ることができます。

写真

左:ポートレートモード、右:写真モード

ポートレート(肖像写真)は基本的に人物を撮るためのものだと思いますが、上の写真のように、人物以外でもいい感じの写真になります。被写体を際立たせたいときに使えそうです。

ポートレートの撮影方法

ポートレート

ポートレートの撮影方法は簡単。撮影モードを【ポートレート】に切り替えるだけ。画面に[被写界深度エフェクト]と表示さているとき、背景ボケ効果が有効です。

カメラの基本操作

適度な距離をとることが重要

被写体との距離が近すぎると[離れてください]との表示が出て、逆に遠すぎると[被写体を240cm以内に配置してください]と出てます。適度な距離をとるのがコツのようです。

ポートレート撮影

通常の写真を残す

通常の写真を残す

ポートレートモードで写真を撮影すると、通常の写真も保存されます。ポートレートのみ保存したい場合は、iPhoneのホーム画面から【設定】>【写真とカメラ】とタップして、【通常の写真を残す】のスイッチをオフにしてください。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報