今年発売のiPadは3種類、ハイエンドの新モデルも投入 = KGI証券

アップルの新製品情報に詳しいKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は2017年に発売されるiPadについて、「12.9インチのiPad Pro 2」「9.7インチの低価格モデル」そして、ベゼルを一段と狭くした「10~10.5インチのハイエンドモデル」の3種類になる、との見通しを最新のリサーチレポートの中で明らかにしました。

プロセッサは、12.9インチと10~10.5インチのモデルにはTSMC製のA10Xチップ、9.7インチのモデルにはサムスンLSI製のA9チップがそれぞれ搭載されるとのこと。

クオ氏は昨年8月のレポートで、中間モデルのサイズを「10.5インチ」と断定していました。今回「10~10.5インチ」に変更されたのは、アップルが現在も複数のモデルを試作している最中であるためで、最終的な決定はまだ下されていないことを示唆しているとみられます。

2017年のiPadの販売台数については、クオ氏は3,500~3,700万台と予測。引き続き前年より減少するものの、iPad miniの廃止による製品構成の刷新やサプライヤの増加による原価構成の改善等で持ち直しが見られ、減少率は2016年の20%から10%に縮小すると予測しています。

発売時期については、日本のサイトMacお宝鑑定団と英バークレイズのリサーチ部門が、ともに3月か4月と予測しています。ただ、ベゼルフリーの大幅なデザイン変更が施されるのであれば、同じようにベゼルフリー化が噂されるiPhone 8(2017年9月発売見込)よりも先に発表される可能性は低いとの見方もあるようです。

MacRumors

関連記事

最新情報