iPhone 5sの在庫状況、「極めて逼迫」 シルバー/ゴールドモデルは特に

iPhone 5sをすぐに手に入れたい人は、早めに準備したほうがよいかもしれません(行列に並ぶ以外に方法はないかもしれませんが...)。iPhone 5sの供給は、現在「極めて逼迫(ひっぱく)」した状態にあると伝えられており、アップルストアの店舗にある在庫は、今週末にすべて売り切れると予測されているからです。米国Cult of Macのレポートです。

テクノロジーニュースサイトのBGRは、「iPhone 5sが不足している原因はわからない。5cのほうは何も問題ないようだが」と伝えています。AllThingsDは、キャリア数社から「異様なほど在庫が入らない」と伝え聞いたとしており、また9to5 Macも、金曜日の発売に向けて店舗にストックされた新しいiPhoneのうち80%はiPhone 5cのようだ、と伝えています。

「発売日までにアップルストアに届けられるiPhone 5sの、4台のうち3台はスペースグレイのモデル。シルバーとゴールドを発売日に手に入れるのは難しいだろう」(9to5 Mac)

アップルは、5sでは5cのように先行予約を行いませんでした。供給上深刻な問題が発生していることがその理由のようです。発売日に誰もiPhone 5sを購入できなければ、大混乱は避けられません。ニューヨークの5番街やロンドンなど主要な都市部の店舗では、すでに購入のための列ができています。

中国では、アップルが5sの先行予約を許可したため、5sの需要は「信じられないほど」高いようです。いくつかのアップルストアでは、ゴールドのモデルは予約開始から2時間以内に売り切れたとのこと。

一方、5cの先行予約は比較的スムーズに行われており、ほとんどのモデルは売り切れることはありませんでした。アップルは従来行っていた、先行予約での販売数を発表するプレスリリースを、今回は発行しませんでしたが、アナリストらは約220万台と推測しています。

関連記事

最新情報