マップのナビ機能:iPhoneをカーナビとして使う

iOS 10.1から、iPhoneのマップに交通機関を利用した経路案内機能が追加されましたが、カーナビ機能も進化を遂げています。マップアプリには、「車」「徒歩」「交通機関」の3種類の経路案内が用意されていて、基本的な操作方法に違いはありませんが、車の経路案内でしか使えない機能も存在します。

ここでは、iPhoneをカーナビとして使う方法をご紹介します。

【iOS 10.1】乗換案内:交通機関を利用した経路案内の使い方

目的地を検索する

[マップ]を起動したら検索バーをタップして、目的地の施設名や住所を検索します。すでに、目的地が表示されている場合、検索をする必要はありません。地図上で目的地のアイコンや名称をタップしてください。

検索
Siriを使う
siri

Siriに話しかけることでも、経路検索を行えます。「〇〇までナビして」「〇〇まで連れてって」と話しかけてみてください。

Siriの使い方

経路を表示する

経路

目的地の地図とその下に詳細情報が表示されるので、【経路】をタップします。

経路が表示された

経路

地図上に目的地への経路が表示され、地図の下には最短所要時間の経路の概要が表示されます。

交通機関や徒歩による経路が表示された場合は、画面下の【車】をタップしてください。

経路を切り替える

複数の経路が表示された場合、地図上の所要時間をタップすると経路が切り替わります。青色でハイライトされている経路が選択中の経路となります。選択中の経路の詳細を見るには、地図下の経路の概要をタップしてください。詳細画面で【完了】をタップすれば、元の画面に戻ります。

経路の詳細

● 他の経路の概要を見る
複数の経路がある場合、メニューバーを上にスワイプすると他の経路の概要も見ることができます。他の経路をタップすれば、選択経路が切り替わります。

経路一覧
出発地または目的地を変更する

出発地または目的地を変更するには、メニューバーの【現在地】をタップして、[経路を変更]画面で変更してください。【↑↓】をタップすると、出発地と目的地が入れ替わります。

目的地の変更
運転オプション

高速道路や有料道路を経路から除外したいときは、経路一覧の下にある【運転オプション】をタップして、[利用しない]の項目の【通行料金】と【高速道路】のスイッチをオンにしてください。

運転オプション

ナビを開始する

経路を決定したら【出発】をタップしましょう。ナビが開始されます。

ナビ開始

ナビ中にできること

ナビ中

ナビ中にメニューバーを上にスワイプすると、現在地付近のお店の検索や、地図の[全体表示]と経路の[詳細]、[オーディオ]の設定などが行えます。

付近のお店を検索する

例えば、【ガソリンスタンド】をタップすると、現在地付近のガソリンスタンドが検索され、そこまでのナビを開始することもできます。

ナビ開始

オーディオの設定をする

オーディオ

[オーディオ]の設定では、ナビの音量調節を行えます。

ナビを終了する

ナビを一旦開始すると、他のアプリに移動しても、iPhoneをスリープ状態にしても、ナビはバックグランドで動き続けます。余計なバッテリ消費を避けるため、ナビを使わなくなったら必ず【終了】をタップしましょう。

終了

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報