アップル、WWDC 2017を6月5日~9日に開催

アップルは6月5日から9日にかけて、28回目となるワールドワイドデベロッパカンファレンス(WWDC)をサンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターで開催すると発表しました。5日の基調講演では、iOS 11、macOS 10.13のほか、watchOSやtvOSの新バージョンが発表されるとみられます。

WWDC 2017の公式ページには以下のメッセージが添えられています。

テクノロジーだけでは不十分です。社会を前進させるために、テクノロジーはリベラルアーツやヒューマニティと交わらなければなりません。この夏、世界を変える手助けをしてくれる、多様性と情熱そして才能を持った多くの人々が一堂に会します。

WWDC 2017の参加申し込みは、2月16日5時30分(太平洋標準時間)時点で Apple Developer Programの会員であることが必須。チケットの販売は3月27日午前10時から。価格は1,599ドル(約18万円)です。

関連記事

最新情報