au、スマホ料金2割値下げ 格安SIMに対抗 10日にも詳細発表

auは今夏にも、スマートフォンの主要プランの月額料金を1,500円前後引き下げる方針を固めたようです。早ければ今月10日にも詳細が発表されるとみられます。

日本経済新聞によると、今回の大幅値下げの決断は、携帯大手3社から顧客を獲得して普及率が1割程度に達した格安SIM(格安スマホ)の台頭に対抗するため。

auのスマホ料金は現在、月5GBでかけ放題の場合、月額8,000円。値下げ幅はプランにより異なりますが、いずれも2割程度下がるようです。携帯大手の値下げとしては過去最大規模となります。

スマホ料金を巡っては、2015年に安倍晋三首相が値下げを総務省に指示したものの、携帯3社の対応は一部の利用者向けの割引プランを導入するにとどまり、実現していません。今後、ドコモとソフトバンクも値下げに踏み切らざるを得ないのではないでしょうか。

関連記事

最新情報