iPhone 8と7sは9月に同時発売、カラーオプションは3色 = KGI証券

KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は現地時間8日、iPhoneの新モデル「iPhone 8」が、数量限定ながら例年通り9月にiPhone 7s / 7s Plusと同日に発売される見通しであることを明らかにしました。

image - iFans

クオ氏によると、iPhone 8は8月下旬から製品検証テストに入り、9月中旬から量産が開始されるとのこと。生産台数は、今四半期(7~9月)は200万~400万台にとどまるものの、今年中に4,500万~5,000万台に達するとしています。カラーはブラック、シルバー、ゴールドの3色。

iPhone 8は従来の液晶ディスプレイに代わり有機ELディスプレイが採用され、現行の7 Plusよりも高解像度になるようです。先月公開されたワイヤレススピーカーHomePodのファームウェアの情報から、ディスプレイサイズは5.15インチ、解像度は2,436×1,125であることが明らかになっています。

iPhone 8の発売日については、これまで遅延の可能性がたびたび報じられてきましたが、クオ氏は例年通り9月に発売されると述べています。

一方、同時に発売されるiPhone 7sと7s Plusの生産台数は、それぞれ3,500万~3,800万台および1,800万~2,000万台。カラーはiPhone 8と同じブラック、シルバー、ゴールドの3色。これまでと同じデザイン、材料を採用しながらカラーオプションが減る理由については明らかにされていません。

今年発売されるiPhoneは3つのモデルすべてが急速充電に対応。また、Lightning―USB-Cケーブルや電源アダプタをオプションで選べるなど、iPad Proと同様のアプローチが取られるものとみられています。

Apple Insider

関連記事

最新情報