エキサイトモバイル:サービスの詳細と特徴

最終更新日:
エキサイトモバイル

使ったデータ容量に応じて1GB単位で料金が決まる「最適料金プラン」が人気。最大5枚のSIMで容量シェアできるのも大きな特徴。

ドコモ回線

専用アプリ

x

Wi-Fiスポット

x

データ量繰り越し

au回線

x

低速モード

データシェア

セット販売端末

iOS 10対応

3日間制限

x

ポイント還元

x

かけ放題プラン

x

エキサイトモバイルの特徴

  • 従量プランまたは定額プランを選択できる。
  • データ容量の区切りが細かいので無駄なく使える。
  • 複数枚のSIMカードを利用するなら、エキサイトが一番おトク。
  • 1契約で最大5枚のSIMカードを利用できる。
  • 時期による速度の落差が少なく安定している。

キャンペーン情報

  • ・SIMカードとオプション1つ(留守電など)の同時申込で最大25,000円キャッシュバック。

料金プラン

● 最適料金プラン

容量

1枚コース

3枚コース

低速通信

500円

-

100MB

-

1,050円

500MB

630円

1,100円

1GB

660円

1,180円

2GB

770円

1,340円

3GB

880円

1,550円

4GB

1,150円

1,780円

5GB

1,450円

1,890円

6GB

1,600円

1,950円

7GB

1,900円

2,100円

8GB

2,120円

2,190円

9GB

2,200円

2,380円

10GB

2,380円

2,540円

11GB

-

2,830円

12GB

-

3,100円

13GB

-

3,450円

14GB

-

3,790円

15GB

-

3,980円

● 定額プラン

容量

1枚コース

3枚コース

1GB

670円

1,260円

2GB

770円

1,450円

3GB

900円

1,680円

9GB

2,250円

2,460円

20GB

4,750円

5,180円

30GB

6,980円

7,480円

40GB

9,980円

10,280円

50GB

13,800円

14,180円

その他の料金

  • ・初期費用:3,000円
  • ・MNP転出:3,000円
  • ・通話対応SIMの解約手数料:9,500円(課金開始日の翌月1日から12ヶ月間以内に解約の場合)。データ専用SIMの解約は無料。
オプションサービス
・音声通話機能(SMS付き):700円/月
・データSIMのSMS機能:140円/月
・データ容量追加:580円 / 1GB
  ※追加容量は当月のみ使用可能。
・留守電:350円/月

通信速度制限

高速通信時の制限なし。低速通信時(データ残量がない、または、高速通信をオフ)は、直近3日間で366MBを超えると、速度がさらに遅くなる場合がある。

エキサイトモバイル 徹底分析

「最適料金プラン」と「定額プラン」

エキサイトモバイルの料金プランは、使ったデータ容量に応じて月額料金が決まる「最適料金プラン」と、あらかじめデータ容量が決められていて、毎月同額の請求が来る「定額プラン」の2種類から選択することができます。

「最適料金プラン」は、1GB単位で料金が区切られているため、無駄が生まれにくい料金システムになっています。例えば月に3.1GB使った場合の請求は4GBになるため、最大でも0.9GBの無駄しか生まれません。ちなみに、最適料金プランで生じる使わなかった分のデータ容量は(この場合0.9GB)、翌月に繰り越すことはできません。

一方の「定額プラン」は、多くの通信事業者が採用しているお馴染みの料金システムです。例えば契約プランが3GBなら、月に使ったデータ容量が1GBでも2GBでも、請求額は3GBの料金になります。余った分のデータ容量は翌月に繰り越せます。

他社同等プランと比べても「最適料金プラン」はおトク

「最適料金プラン」のような従量プランを提供するMVNOは他にも数社ありますが、エキサイトモバイルのように100MBから15GBまで17段階(SIM1枚コースは11段階)にデータ容量を細かく区切っている格安SIMは他にありません。

例えば、b-mobileが提供するおかわりSIMは1GBから5GBまで5段階、FREETELは100MBから20GBまで8段階、U-mobileは1GBまでと3GBまでの2段階です。これらのSIMのうちFREETELのみがエキサイトモバイル同様、定額プランも提供しています。

データ容量を無駄なく使いたいなら、エキサイトモバイルが最適といえます。

格安SIM各社のデータ容量別SIM比較

通信速度について

多くの格安SIMが時期により早くなったり遅くなったりを繰り返すなか、エキサイトモバイルの通信速度は安定しています。格安SIMによっては、一気に回線増強を行い一気に速度を上げ、その後、かなりの速度低下が見られるまで増強を行わない方針で運営している業者も多いですが、エキサイトモバイルは細目に少量ずつ回線増強を行っているようで、時期による速度の落差は少ないです。 実際に出る速度に関しては、格安SIMの中では普通レベルだと思います。

格安SIM各社の速度テスト

エキサイトモバイル 速度テスト(データのみ)

プラン変更は月に1回のみ無料でできる

「最適料金プラン」から「定額プラン」またはその逆へのプラン変更、および、定額プランの容量変更は無料でできます。月末の前々日までにマイページから変更の申し込みをすれば、翌月から変更内容が適用されます。

最大5枚のSIMで容量シェアができる

エキサイトモバイルの特徴は17段階に分かれた「最適料金プラン」ですが、それに加えて、最大5枚のSIMカードでデータ容量をシェアできるのも特徴の一つです。シェアプランを提供するMVNOは他にもDMM mobileIIJmioBIGLOBE SIMOCNモバイルONEmineoNifmoなどがありますが、従量プランで容量をシェアできるのはエキサイトモバイルのみです。

例えば、父、母、娘の3人で最適料金プランの3枚コースを使う場合、かりに父が3.2GB、母が2.9GB、娘が5GBを使ったとすると合計11.1GBになるので、請求額は12GBの3,100円になります。無駄にする容量は0.9GBのみ。

定額プランにおける容量シェアは、SIMカードの枚数が増えるにつれて無駄が増えるか、またはその逆で容量が足りなくなりがちになってしまいますが、従量プランならその心配も要りません。

家族・複数回線向け:データ容量をシェアできる格安SIM比較

SIM3枚コースでも5枚まで追加可能
3枚コースの契約でも、最大2枚までSIMカードを追加することができます。4枚目、5枚目のSIMカードを追加する場合は、申し込み時にSIMカード追加手数料として追加分のSIMカード1枚につき3,000円かかります。月額料金は3枚コースの料金に追加分のSIMカード1枚につき390円が追加されます。

また、3枚コースの契約を途中で1枚コースに変更することも可能です。

低速モード時の通信量は3日間で366MBまで

エキサイトモバイルには、高速通信と低速通信を切り替える「低速モード」が備わっています。低速モードでは速度が200kbpsに制限されますが、データ容量を消費せずにネットを使うことができます。iPhoneでYouTubeを再生する際などに低速モードを使えば、データ容量を劇的に節約することも可能です。

ただし、エキサイトモバイルの低速モードには通信量制限があるため、YouTubeをBGMとしてかけっぱなしにしておくといったような使い方はできません。高速データ通信をオフにした状態(低速モード)で、直近3日間の合計通信量が366MBを超えると、ほぼなにもできないくらいの速度に制限されます。※高速通信時の通信量制限はありません。

200kbps(速度制限時)でできること、できないこと

低速モードのオン/オフの切り替えは、専用アプリがないため「マイページ」から行います。一手間かかってしまいますが、当該ページをブックマークしておけば、問題ないでしょう。

iPhone 動作確認端末

エキサイトモバイルが公式発表している動作確認済みのiPhoneのモデルは以下の通り。

機種

モデル

動作確認時のiOSバージョン

iPhone 7

SIMフリー

iOS 10.1

iPhone 7 Plus

SIMフリー

iOS 10.1

iPhone SE

SIMフリー/ドコモ

iOS 10.1

iPhone 6s

SIMフリー/ドコモ

iOS 10.1

iPhone 6s Plus

SIMフリー/ドコモ

iOS 10.1

iPhone 6

SIMフリー/ドコモ

iOS 10.1

iPhone 6 Plus

SIMフリー/ドコモ

iOS 10.1

iPhone 5s

SIMフリー/ドコモ

iOS 10.1

iPhone 5c

SIMフリー/ドコモ

iOS 10.1

iPhone 5

SIMフリー

iOS 10.1

iPhone 4s

SIMフリー

iOS 9.3.5 

iPhone 4

SIMフリー

iOS 7.1.2

※ 最新の動作確認済み端末、iOSのバージョンは公式サイトでご確認ください。

MVNO一覧

LINEモバイル

LINE、Facebook、Twitter、Instagramが高速通信でカウントフリー。

UQ mobile

運営元はKDDIグループのUQコミュニケーションズ。通信速度は格安SIMで最速。

ワイモバイル(Y!mobile)

キャリア並みの通信速度とMVNO並みの格安料金。今最も勢いのあるソフトバンクのサブブランド。

U-mobile

ソフトバンクのiPhone・iPadがSIMロック解除なしで使える「U-mobile S」が登場。

Nifmo

7GBプランが月額1,600円で業界最安。通信速度も安定的に速い。Niftyが運営。

mineo

ドコモ・auの両回線に対応。他社にないユニークな機能満載。「フリータンク」は利用価値大。

IIJmio

格安SIM業界を牽引するリーディングカンパニー。ドコモ・auの両回線に対応。

BIGLOBE SIM

YouTube、Apple Musicなどがデータ消費なしで使い放題「エンタメフリーオプション」登場。

DTI SIM

月額料金の安さと1日を通して安定している通信速度が強み。

DMM mobile

料金プランの安さ・豊富さが特徴。通信品質はIIJmioと同等。

楽天モバイル

楽天ユーザーにうってつけの格安SIM。ポイント還元制度が充実。

OCNモバイルONE

格安SIMで最多の契約者数を誇る。月次プランの他、日次プランも提供。

エキサイトモバイル

従量プランで選ぶなら一番オススメ。最大5枚のSIMで容量シェアができるのも強み。

格安SIM メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone se 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報