ソフトバンク回線の格安SIM:b-mobile SとU-mobile Sの比較

最終更新日:

日本通信とU-NEXTは3月22日、ソフトバンク回線の格安SIMを発売しました。ソフトバンクのiPhone・iPadをSIMロック解除なしで使える初の格安SIMの誕生です。日本通信の「b-mobile S 開幕SIM」とU-NEXTの「U-mobile S」は、ともに日本通信が提供するソフトバンク回線を使うため、両サービスの基本的な仕様に違いはありません。

では、どちらのサービスに申し込んでも同じかというと、実はそうではありません。当記事ではそのあたりのことに触れつつ、両サービスの仕様を紹介していきます。

速度比較:ソフトバンク回線のb-mobile S 開幕SIMとU-mobile S

b-mobile S 開幕SIMとU-mobile Sの比較表

b-mobile S 開幕SIMとU-mobile Sの主な機能とサービス内容を下記表にまとめました。両プランとも現時点ではデータ通信以外のことはできません。今後、徐々に機能が拡大されていくのではないでしょうか。

 

b-mobile S

U-mobile S

契約後の容量変更

X

初期費用

3,000円

3,384円

キャンペーン

X

料金プラン

1GB:880円
3GB:1,580円
7GB:2,980円
30GB:4,980円

音声通話

非対応

対応端末

iPhone 5以降の全機種
iPad全機種

テザリング

非対応

容量繰り越し

非対応

速度制限

なし

SMSオプション

なし

最低利用期間

なし

U-mobile Sは契約後に容量を変更できない

b-mobile S 開幕SIMとU-mobile Sの最大にしてほぼ唯一の大きな違いは、これです。驚くことに、U-mobile Sは契約後に容量を変更することができません。U-mobileのサポートに聞いてみたところ、「容量を変更する場合は、一度解約して再度お申し込みください」とのことでした。容量を変更することすらできないとは、びっくりの仕様です。一方、b-mobile Sのほうは、契約後でも月に1回容量を変更することができます。

ちなみに、両社とも申し込み後に、別のサービスへプラン変更することはできません。例えば、b-mobileの場合だと、b-mobile S 開幕SIMから「おかわりSIM」にのりかえることはできません。U-mobileの場合だと、U-mobile Sから「LTE使い放題」への変更はできません。使用する回線が異なるので、この点は致し方ないところでしょう。

U-mobileの初期費用はSIM発行手数料が加算される

大した違いではありませんが、初期費用はU-mobile Sの方が384円高くなります。b-mobile S 開幕SIMの初期費用が3,000円なのに対し、U-mobile Sは初期費用にSIM発行手数料の384円も加わり、計3,384円になります。

ささやかながら、U-mobile Sにはキャンペーンあり

ものすごくささやかですが、U-mobile Sには「U-mobile Sリリース記念キャンペーン」なるものが用意されています。3月22日から4月30日までに申し込み、6月1日時点で契約を継続している方の中から抽選で10名様に、iTunesカード10,000円分がプレゼントされます。

金額は大きいですが、10名は少なすぎる感があります。

1GB/3GB/7GBプランは高い、30GBプランは安い

既存のドコモ回線やau回線の格安SIMと比較すると、月額料金はかなり高めです。しかし、30GBプランだけは例外で、最安の楽天モバイルより470円安い金額になっています。

音声通話SIMの提供なし

現時点では音声通話機能の提供はないものの、日本通信によると、できるだけ早くリリースできるよう調整・交渉を行っているとのことなので、将来的に電話も使えるSIMカードを提供する意向はあるようです。

対応端末

対応端末はiPhone 5以降とiPadの全機種。動作確認ページにはソフトバンク版の端末しか掲載されていませんが、SIMフリー端末やSIMロック解除済み端末でも使えるかU-mobileに問い合わせてみたところ、「動作保証はしないが、使用できる可能性が高い」とのことでした。

テザリング

テザリングは使えません。ソフトバンクのiPhoneをお持ちでSIMロック解除が可能なら、テザリングが使えて月額料金も安いドコモ回線の格安SIMを選ぶようにしてください。au回線のUQ mobileもiPhoneのテザリングに対応していますが、UQ版以外のiPhoneのテザリングは、UQ mobile本来の速度からすると、遅いです。

キャリア別SIMロック解除の条件と解除方法

容量繰り越し

当月に使い切れず余ってしまったデータ容量を翌月に繰り越すことはできません。例えば、7GBプランを契約していて月に5GBしか使わなかった場合、残りの2GBを翌月分に加算することはできません。格安SIMでは、容量の繰り越しは当たり前の機能なので、早急に改善してもらいたいものです。

速度制限

毎月の容量を使い切るまで速度制限はありません。いわゆる「3日間制限」もありません。

SMSオプション

ほぼすべての格安SIMが、データ通信専用のSIMカードにSMS機能を付けるオプションを提供していますが、b- mobile S 開幕SIMもU-mobile SもSMSオプションはありません。

最低利用期間

最低利用期間はありません。申し込み直後に解約しても、違約金が発生することはありません。

【公式】b-mobile S 開幕SIM

【公式】U-mobile S

関連記事

サービス比較

格安SIM メニュー

最新情報

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone se 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報



上へ戻る