Apple Watchの初期設定 - iPhoneとペアリングする

Apple Watchを手に入れたら、まずは、iPhoneとペアリングしましょう。これをやらないと、Apple Watchを使うことはできません。

ペアリングをするには、iPhone(iOS 8.2以降)のBluetoothがオンになっていて、Wi-Fiまたはモバイルネットワークに接続されている必要があります。

コントロールセンターからBluetoothをオンにする


電源を入れる

Apple Watchを箱から取り出して、電源を入れましょう。サイドボタンと呼ばれる右側面にあるボタンを長押しすると、アップルのロゴが表示されるので、起動するのを待ちます。起動まで1分以上かかります。

サイドボタン

言語を設定する

言語の一覧が表示されるので、【日本語】をタップします。iOSと比べると、設定可能な言語が限られています。今後のアップデートで増えていくのでしょうか。

言語

確認画面

選択言語の確認画面が表示されます。チェックマークをタップしてください。

チェックマーク

言語を設定中...

しばらく待ちましょう。

設定中

ペアリングを開始

この画面が出れば、ペアリングが可能となります。早速【ペアリングを開始】をタップしましょう。

ペアリングを開始

iPhoneでApple Watchアプリを起動する

Apple Watchアプリ

ここからは、iPhoneでの操作になります。Apple Watchアプリを起動します。

ペアリングを開始

【ペアリングを開始】をタップします。

iPhoneでApple Watchを映し出す

iPhoneのカメラでApple Watchを映し出し、黄色い枠の中にピタッと収めます。

意外なペアリング方法でした...。

ペアリング完了!

両デバイスが互いを認識したら、ペアリングが完了します。あっという間です。

続けて、【Apple Watchを設定】をタップします。

装着する腕

《装着する腕》を選びます。【左】を選ぶ人が多いと思いますが、【右】を選んだ場合のみ《デジタルクラウンの位置》を選択する画面が表示されます。

装着する腕

使用規約に同意する

【同意する】をタップします。

使用規約

Apple IDのパスワードを入力する

Apple IDの【パスワードを入力】します。

位置情報サービス

iPhoneの位置情報サービスがオンになっていると、Apple Watchも自動的にオンになるので、画面には【OK】と表示されます。

位置情報サービスがオフになっている場合は、この画面でオン、オフの選択ができます。

Siri

Siriも位置情報サービスと同じで、iPhoneでオンに設定されている場合は、Apple Watchでもオンになります。

【OK】をタップして次に進みます。

診断

iPhoneで《診断/使用状況》を《送信しない》に設定している場合は、この画面で再び【自動送信する】【送信しない】かを選択することになります。

Apple Watchのパスコード

Apple Watchのパスコードを設定します。これは、iPhoneのパスコードとは別物ですが、Apple Watchを装着している際、iPhoneのロックを解除するとApple Watchのロックも解除されるようにも設定できます。

ここでは、とりあえず【パスコードを追加しない】をタップして次へ進みます。

使用可能なAppをインストール

iPhoneにインストールしているアプリの中で、Apple Watchに対応したものをインストールします。

【すべてをインストール】することもできますし、【後で選択する】こともできます。

筆者の場合、【すべてをインストール】を選択しても、インストールされたのは、LINEやAmazonなどほんの一部のアプリのみでした。

同期が開始される

同期が始まります。完了するまで数分かかります。

同期完了

同期が完了すると、可愛らしい音が鳴り、Apple Watchが使えるようになります。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報