iPhone13 最新情報 これまでに分かっていること まとめ

2021年秋に発売が見込まれる新型iPhone 13(アイフォン13)の新機能や特徴、発売日にまつわる最新情報を更新していきます。

iPhone 13の概要

アップル

2021年秋の発売が予想されるiPhone 13は、前年に空前の売り上げを記録したiPhone 12シリーズの基本要素を継承したものになるとみられます。端末のデザインは、新色の追加や切り欠きの小型化など注目すべき点がいくつかあるものの、iPhone 12のそれとほぼ同じ。画面サイズが異なる4機種をラインナップすることも前年と変わりません。毎年進化するカメラ機能についても驚くような変化はなく、既定路線の最適化に留まるとみられます。

ただし、このご時世を反映し、マスク着用時でもロック解除ができるTouch IDの復活(見送りとの報道も)や画面の常時表示、5Gのミリ波対応など、小さくない変化も見られることになりそうです。

iPhone 13の名称

iPhone 13 or iPhone 12s

2021年発売の新型iPhoneの名称については、「iPhone 13」または「iPhone 12s」のどちらかになる可能性が高そうです。今年の新型iPhoneは、前年に発売したiPhone 12のマイナーアップグレード版になることを考えると、iPhone 12sというネーミングは納得がいくものです。一方、iPhone 13については、欧米で不吉な番号と認識されていることから、13は使われないと見る向きもあるようです。

台湾の経済日報がサプライチェーン筋から得た情報を基に、7月5日に報じた最新の記事では、今年の新型iPhoneの名称はiPhone 13になると報じています。ただし、同記事では、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxと表記する一方で、iPhone 13 miniの名称を使用していません。もしかすると、アップルは販売不振が度々報じられたiPhone 12 miniから学び、5.4インチモデルは継続するものの、小者感が出るminiという単語を避けるのかもしれません。

新型iPhoneの正式名称は毎年、発表直前にならないと漏れ伝わってこないものです。筆者が以前、某関係者から聞いたところによると、iPhoneの新機種の正式名称は発表直前までは、通信キャリアの高級幹部クラスや、予約開始に向けてサイトの準備をする必要がある一部のエンジニアなど、一握りの関係者のみ知る超極秘事項だそうです。

従って、この時期に出てくる新型iPhoneの名称にまつわる噂は、話半分に聞いておくと良いと思います。

iPhone 13の発売日

発売日

アップルは昨年、新型コロナウイルスの感染拡大により、毎年9月に開催していた新型iPhoneの発表イベントを10月に後ろ倒しせざるをえませんでした。iPhone 12と12 Proは10月に発売したものの、iPhone 12 miniと12 Pro Maxにいたっては11月の発売となってしまいました。

しかし今年は、昨年見られたサプライチェーンにおける生産の遅れが発生していないことから、アップルは通常の9月発売のサイクルに戻すとみられています。

ウェドブッシュ証券はiPhone 13の発売時期を9月第3週と予測しています。これは同社のアナリスト、デン・アイブス氏がサプライチェーンを調査して導き出したものです。また米テックメディアのphoneArenaは同レポートを基に、過去のiPhoneの発表日、予約開始日、発売日のパターンを分析し、iPhone 13の発表日を9月14日、予約受付の開始日を9月17日、そして発売日を9月24日と予測しています。

価格

iPhone 13シリーズは、デザインや機能を一新するようなアップグレードではなく、現行機種のiPhone 12シリーズをより最適化することに焦点が置かれています。従って、端末の価格もiPhone 12とほぼ同じと考えられています。

iPhone 12シリーズの価格(Apple Store)

 

12 mini

12

12 Pro

12 Pro Max

64GB

82,280円

94,380円

-

-

128GB

87,780円

99,880円

117,480円

129,580円

256GB

99,880円

111,980円

129,580円

141,680円

512GB

-

-

153,780円

165,880円

iPhone 13の機能と特徴

デザイン

iPhone12

iPhone 12シリーズ

丸みのある角にフラットな側面など、全体的な見た目はiPhone 12とほぼ変わらないようです。ただし米メディアMacRumorsによると、本体の厚さが従来の7.4ミリから7.57ミリとなり(0.17ミリ増)、わずかではありますが厚みが増しているとのこと。一部の報道では、映像の滑らかさや5G通信への対応など、デバイス全体のパフォーマンスアップのためにバッテリーを増量したことがその理由とみているようです。

画面サイズ

iPhone 12と同じく4機種でリリースと噂のiPhone 13シリーズ。ディスプレイの大きさもそれぞれ同じで、iPhone 13 miniが5.4インチ、iPhone 13 / 13 Proが6.1インチ、iPhone 13 Pro Maxが6.7インチと、複数の情報源が伝えています。

iPhone12シリーズ

iPhone 12シリーズ

カラー

これまで新型iPhoneのリリースと同時に新色も投入してきたApple。さて今回、Proシリーズに新たに仲間入りすると噂になっているのがマットブラック、ブロンズ、そしてピンクの3色です。

テック系メディアの記者マックス・ワインバック氏によると、グラファイト(黒に近いグレー)の代わりに登場するマットブラックは、光沢を抑えた落ち着きのある仕上がりで、濃く深みのある黒。

マットブラック

image - 9TO5Mac

ブロンズは明るい色味で、一説ではオレンジなのではともいわれています。

ブロンズ

image - Ian Zelbo

フレームの素材

iPhone12 Pro

iPhone 12 Pro

iPhone 13 / 13 miniには質感が高く、軽くて丈夫なアルミニウム素材を採用。一方、Proシリーズには、高級感のあるステンレススチールが使われているようだと、開発者向けのコミュニティサイト、米XDA Developersのニュースサイトが報じています。どちらも旧機種から大きな変更はないようですが、Proシリーズでは、指紋などの汚れが付きにくいよう特殊な加工を施すことで、旧機種の「汚れが目立つ」問題を軽減しているようです。

ディスプレイの切り欠き

ノッチ

iPhone 12と比較 - DuanRui

2017年、iPhone Xとともに登場し賛否両論を続けてきたノッチ。アナリストのミンチー・クオ氏の予測では、この画面上部の切り欠きが、ついにiPhone 13で小さくなるようです。サプライチェーンのリーク情報を基に作られたというモックアップでは、切り欠きの形そのものは変わらないものの、通話用スピーカーの位置が変更されることで、iPhone 12と比較すると約8ミリも横幅が狭くなるとのこと。これまでノッチが気になっていた人も今後は、より深い没入感でゲームや動画を楽しむことができるようになるでしょう。

カメラレンズの位置が変更?

iPhone 13 / 13 miniでは、背面の超広角・広角レンズのそれぞれの位置が、これまでの縦並びではなく斜めに配置されており、新鮮なデザインになっているとのこと。理由は定かではありませんが、サプライチェーンのリーク情報を基に作成されたモックアップから、ARの技術を改良するためにセンサーの位置を変更したことによるものと推測されています。

カメラ

image - DuanRui

ディスプレイ

ディスプレイ

120Hz対応「ProMotion」ディスプレイ

新型iPhoneの4機種のうちProシリーズには、120Hz対応の「ProMotion」ディスプレイが搭載される可能性があると、韓国のThe Elecなど複数のメディアが報じています。ProMotionとは2017年、iPad Proに初めて搭載された技術。それまでのディスプレイと比較してリフレッシュレートが最大120Hz(1秒間に画面を120回更新)と2倍になったことで、アニメやゲームといった特にスピード感のある動画で滑らかな映像を楽しむことができるようになりました。同ディスプレイが採用されれば、ついにiPhoneでもその違いを体感できるようになります。

画面の常時表示機能に対応

iPhone 13でもついに、画面を常に表示させておくことが可能になるようです。テック系メディアの記者マックス・ワインバック氏によれば、「常時表示」の画面はロック画面の見た目に似ており、そこで時刻とバッテリー残量がいつでも確認できるとのこと。通知はいつもと同じように表示されますが、その際に画面は明るくならず、表示もすぐに消えてしまうそうです。Androidではすでにお馴染みのこの機能。手を離せない状況などで、画面に触れなくても時間を確認できるようになるのは嬉しいですね。

カメラ

カメラ

iPhone 12 Pro

「センサーシフト光学式手ぶれ補正」が全機種に

現在、iPhone 12 Pro Maxの広角レンズにのみ搭載の「センサーシフト光学式手ぶれ補正」機能。新型iPhoneではこの機能がすべての機種で使えるようになると、台湾メディアDigiTimesが伝えています。iPhone 13 / 13 miniでは広角レンズに、iPhone 13 Pro / 13 Pro Maxでは広角・超広角の両レンズに搭載されるようです。

Pro Maxは広角カメラにf/1.5のレンズ

iPhone 13 Pro Maxでは、広角レンズが従来のf/1.6からf/1.5へとアップグレードされるようです。この予測はアナリストのミンチー・クオ氏によるもので、他の3機種については、旧機種から変更はなくf/1.6のままだと伝えられています。F値が小さくなることで、暗い場所での撮影に強くなり、またイメージどおりのボケを表現することができるようになります。

Pro / Pro Maxの超広角カメラにAF機能搭載

iPhone 13の超広角カメラに AF(オートフォーカス)機能が搭載される可能性があります。前出のミンチー・クオ氏の話では、対象となるのは上位2機種のPro / Pro Maxとのこと。遠くにあるものや動いているものなど、ピントを合わせるのが難しいシーンで大いに活躍してくれそうです。

新たな撮影モードが追加

新型iPhoneのカメラでは、ハードだけでなく、ソフト面でのアップデートも期待できそうです。テック系メディアの記者マックス・ワインバック氏によると、新たな写真撮影のモードとして、月や星など夜空の天体をきれいに撮影できる機能が搭載されるとのこと。またビデオ撮影でも「ポートレートモード」が使えるようになり、今後は静止画だけでなく動画でも背景をボカすことができるようになるそうです。

LiDARスキャナを全機種に搭載?

LiDARスキャナを全機種に搭載

LiDARスキャナとは赤外線を使って奥行きを計測するセンサーのこと。iPhoneでは現在、12シリーズの上位2機種にのみ搭載されています。DigiTimesやウェドブッシュ証券によると、新型iPhoneではこのLiDARスキャナが全機種に搭載されるとのこと。しかし、LiDARスキャナを全機種に搭載するAppleの計画は断念されたとの報道も出てきています。

Touch ID

Touch ID

image - MacRumors

顔認証の便利さに慣れていたのが一転、コロナ禍で、マスクを着用しているときは指紋認証の方が便利なのではと思ったユーザーも多いことでしょう。新型iPhoneはこの2つの希望を同時に叶えてくれるかもしれません。

米ブルームバーグやウォールストリート・ジャーナルなど複数のソースによれば、AppleはTouch ID(指紋認証)とFace IDの両方をiPhoneで利用できるよう開発を進めているといいます。Touch IDは、画面内に指紋認証のセンサーを組み込み、画面を触るだけでロックを解除できる「画面内指紋認証」になる見通しです。。。。しかし悲しいことに、ブルームバーグが7月14日に報じた最新の記事では、アップルはiPhone 13に「画面内指紋認証」を搭載すべくテストを続けているものの、今年のモデルには搭載されないだろうと伝えています。

5Gがミリ波に対応

5G

昨年のiPhone 12に続き、iPhone 13も当然5G対応になります。5Gには2つの周波数帯(Sub-6とミリ波)があり、それぞれ広域、高速といったメリットがありますが、残念ながらiPhone 12では、高速のミリ波に対応しているのは米国のみで、日本で接続できるのはSub-6のみとなっています。

さて、今秋発売のiPhone 13では、このミリ波に対応した機種が米国だけでなく、カナダやオーストラリアなど、日本を含む数カ国で販売される可能性があるとのこと。これはミリ波のインフラ整備が世界的に進展していることによるもので、アナリストのミンチー・クオ氏や台湾メディアのDigiTimesなどが伝えています。

ミリ波も利用できるようになれば、Sub-6のみでの接続よりも、さらに高速で快適な通信が期待できるでしょう。

Wi-Fi 6E

Wi-Fi 6E

iPhone 13が次世代のWi-Fi規格であるWi-Fi 6Eに対応する可能性があると、米メディアMacRumorsが国際金融機関バークレイズのアナリストの情報を基に報じています。

Wi-Fi 6Eとは、現在Wi-Fi 6で対応している2.4GHz帯と5GHz帯に加え、新たに6GHz帯を利用する最新のWi-Fi規格です。6GHzという帯域の広さによって、ネットワークの混雑が大幅に軽減されることが期待されています。また周波数が高いほど通信容量が大きく通信速度が速くなるというメリットも。

さらに6GHz対応のデバイスのみがこの帯域を利用できるため、密による速度の低下も解消することができるとされています。Wi-Fi 6Eがサポートされれば、AR/VRゲームや8K動画といった大容量ファイルのダウンロードもストレスなく行えそうです。

ストレージ

iPhone 13 Pro / 13 Pro Maxのストレージに、最大1TBのオプションが登場する可能性があると、米メディアMacRumorsがウェドブッシュ証券のアナリストの予測を基に伝えています。一方、調査会社のトレンドフォースはiPhone 13のストレージについて、iPhone 12シリーズと同じとのレポートを公表しています。ちなみにiPhone 12シリーズのストレージ容量は、12 / 12 miniが最大256GB、12 Pro / 12 Pro Maxが最大512GBです。

Lightningコネクタ

新型iPhoneでも引き続き、Lightningコネクタが採用されるようです。これまでUSB Type-Cへの移行なども噂されてきましたが、アナリストのミンチー・クオ氏は、USB Type-Cについて、Appleが開発したものではないことや防水性能が低いことなどを不採用の理由に挙げています。一方、MagSafeへの完全移行にも期待したいところですが、同氏によれば、技術的にみて、こちらはまだ先のことになりそうです。ただし充電機能としてのMagSafeは、iPhone 13でも継続して採用されるものとみられています。

バッテリ

新型iPhoneでは4機種すべてにおいてバッテリーが増量されるようです。米メディアMacRumorsがApple製品のリーク情報で有名なl0vetodream氏の情報を基に伝えるところによると、iPhone 12と13で各機種を比較した場合、Pro Maxでは最大18%も容量がアップするとのこと。ProMotionディスプレイやA15チップの採用、5G通信への対応など、電力を消費する機能が追加される可能性があることを考えると、バッテリーの増量は自然な流れといえるかもしれません。

関連記事

最新情報



上へ戻る