iPhone12 最新情報

2020年新型iPhone(iPhone 12)の概要

アイフォン12

image:@EveryApplePro

2020年秋の発売が期待されるiPhone 12シリーズ。これまでのところ、4つのモデルで登場することが予想されています。

・iPhone 12(5.4インチ)
・iPhone 12 Max(6.1インチ)
・iPhone 12 Pro(6.1インチ)
・iPhone 12 Pro Max(6.7インチ)

全モデルとも、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載し、5G通信に対応。また12 Proと12 Pro Maxの2機種においては、高リフレッシュレート(120 Hz)対応のディスプレイや、3つのレンズとLiDARスキャナを備えた背面カメラも搭載されるようです。

デザインは、側面がiPhone 11のように現行の丸みを帯びたものから、かつてのiPhone 4やiPhone 5、またiPad Proのフォルムを思わせるような、より角ばったフラットエッジへと変更。おなじみのノッチ(切り欠き)は画面上部に残るものの、従来より小さくなるとみられています。

また、Appleは高コストな5G関連部品の価格を相殺するために、電源アダプタやEarPodsをiPhone 12に同梱しない可能性も取りざたされています。

 

12

12 Max

12 Pro

12 Pro Max

サイズ

5.4インチ

6.1インチ 

6.1インチ

6.7インチ

CPU

A14 Bionic

A14 Bionic

A14 Bionic

A14 Bionic

RAM

4GB

4GB

6GB

6GB

容量

128GB
256GB

128GB
256GB

128GB
256GB
512GB

128GB
256GB
512GB

カメラ

2眼

2眼

3眼+LiDAR

3眼+LiDAR

バッテリ

2,227mAh

2,775mAh

2,775mAh

3,687mAh

5G

Sub-6GHz
mmWave

Sub-6GHz
mmWave

Sub-6GHz
mmWave

Sub-6GHz
mmWave

価格

約7万円~

約8万円~

約11万円~

約12万円~

発売日

Appleは2012年以降、新型iPhoneを毎年9月に発表してきました。しかし、今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、発表イベントが例年より遅れるとの報道が相次ぎました。様々な憶測が錯綜するなか、Appleの最高財務責任者ルカ・マエストリ氏は現地時間7月30日に発表した第3四半期決算(4~6月)で、iPhone 12の発売が例年より数週間遅れるとの見通しを示しました。

また、iPhone 12の5G向け半導体を製造するクアルコムはロイターのインタビューで、7月29日に発表した第1四半期(10~12月)の業績予想に触れ、「世界的な旗艦スマホ」のわずかな発売の遅れに影響を受けていると述べました。

以上のことから、iPhone 12の発売が10月にずれ込むことは、ほぼ間違いないとみられます。ただし、発表イベントについては、9月開催の可能性も十分残っていると見る向きもあるようです。

デザイン

アイフォン12のデザイン

image:phone Arena

デザインの一新が期待されるiPhone 12シリーズ。フレームはiPhone 4のようなメタルフレームで、ステンレス製の素材を採用する見通しです。また端末の前面と背面は、これまでと同じくガラスでコーティングするようです。

世界的に有名なアナリスト、ミンチー・クオ氏によれば、今回のデザインは、新たな成形技術を取り入れるなど、細部にまでこだわった複雑なものになるとのこと。

アイフォン12のデザイン2枚目

image:@EveryApplePro

例えば、溝入れや射出成形など、フレームに使われる金属の加工技術によって、電波干渉など金属による障害を軽減することができます。このため、高周波数帯の電波を効率よく流すことが可能になり、内蔵アンテナの感度を上げることができます。クオ氏の予想では、フレームの溝はサファイアガラスまたは強化ガラスで覆われるのではないかとのこと。また一説では、アンテナの線がこれまでより太くなるそうです。

一方、ブルームバーグの記事によれば、全4機種のうち、ステンレス素材やフラットエッジなど新たなデザインが採用されるのは恐らく、12 Proと12 Pro Maxの上位2機種のみになるとみられています。

また底面のマイクとスピーカーのグリル(穴)の数も、イヤホンジャックを挟んだ右と左でそれぞれ数が異なるほか、各機種(12 Maxと12 Proは両機種、もしくはどちらか1機種のみ)によっても異なっているようです。

■iPhone 12のサイズ

アイフォン12の比較

image:MacRumors

上の画像は、中国でリークしたiPhone 12の図面をもとにダミーを作成し、それを既存の機種と比較したものです。iPhone 12シリーズで一番小さい5.4インチモデルは、初代iPhone SEとiPhone 7/8/SE(第2世代)の中間サイズになるようで、片手操作をしたい方には待望の機種と言えそうです。

一方、iPhone 12で最大サイズの6.7インチモデルは、iPhone 11 Pro Maxをわずかに上回る大きさで、6.1インチモデルはiPhone 11とまったく同じ大きさとなっています。

さらに「Macお宝鑑定団」の情報では、6.7インチの12 Pro Maxは本体の厚みが7.39ミリと、11 Pro Max(8.1ミリ)と比較して、10%ほど薄くなっているようです。

アイフォン12の寸法図

image:@EveryApplePro

ディスプレイ

アイフォン12のディスプレイ

image:Ben Geskin

iPhone 12シリーズにはもはや液晶(LCD)ディスプレイを搭載した機種はなく、すべての機種がiPhone Xや11シリーズと同様のOLEDディスプレイが採用される見通しです。

OLEDディスプレイを採用することで、端末がさまざまな技術や設計に対応できるようになるため、豊富なラインアップを展開できるというメリットがあります。Appleは現在、中国のディスプレイ製造大手BOE Display社とOLEDディスプレイの開発を進めていると言われています。同社はこれまでにも、iPadやMacBookなど、Appleの製品向けにLCDディスプレイを供給してきました。一方、iPhoneに関しては、Appleはここ数年、サムスンのOLEDディスプレイを採用しており、その傾向は今後も当面続くとみられます。

またiPhone 12シリーズの上位機種などいくつかの機種において、サムスンのフレキシブルOLEDパネル「Y-OCTA」の採用の噂が取りざたされています。Y-OCTAとは、OLEDパネルとタッチセンサーを一体化したサムスン独自の技術。従来はタッチセンサーのレイヤーをディスプレイパネルに重ねる必要がありましたが、この技術によって、タッチスクリーンの回路を直接OLEDパネルに書き込むことが可能になりました。OLEDパネルとタッチセンサーの一体化により、ディスプレイの薄型化・軽量化、およびコスト削減が見込まれます。ただしディスプレイの薄型化が、端末そのものの薄型化につながるかどうかは定かではありません。

一方、昨年Apple Watch Series 5に搭載されて話題となった、省電力LTPO(低温多結晶酸化物)ディスプレイですが、将来的にはiPhoneにも搭載されるのではないかと期待されています。LTPOとはAppleが現在採用しているバックプレーン技術で、LTPS(低温ポリシリコン)と酸化物(オキサイド)の特長を組み合わせた、TFT(薄膜トランジスタ)技術のこと。LTPO方式のディスプレイは、LTPS方式と比較して、消費電力が最大15%も少なくなるというメリットがあります。ただしLTPO技術がiPhone 12シリーズに使われるかどうかについては、今のところ明らかになっていません。

また4つの機種のうち上位機種においては、ディスプレイとタッチパネルを統合した、LGのタッチ一体型OLEDが搭載される可能性があります。LGは2020年下期に、バックプレーン工程をLTPS(ポリシリコン)からLTPO(多結晶酸化物)に切り替えるとされており、供給が間に合えば、iPhone 12シリーズにLTPO方式の省電力ディスプレイが搭載されることも期待できます。

ProMotion技術

iPad Pro

ProMotion技術を搭載したiPad Pro

iPhone 12 Proと12 Pro Maxの2機種においては、120 Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイを搭載する可能性があります。1秒間に120回も画面を書き換えるというこのディスプレイは、状況に応じてリフレッシュレートを下げ、消費電力を抑える機能も備えています。Appleはこの技術を「ProMotion」と呼んでおり、すでにiPad Proに搭載しています。

ProMotion技術では、閲覧している内容によってリフレッシュレートが切り替わり、バッテリーの消費量を節約することができます。例えば、動画を見ているときやゲームをしているときなどは、120 Hzの高リフレッシュレートとなりますが、ウェブサイトの閲覧や写真を見るときなど画面の滑らかさが要求されない場合には、自動的に低リフレッシュレートに切り替わります。

こうした高リフレッシュレートやProMotionを搭載したiPhoneは、すでに同技術を搭載しているiPad Proと同じように滑らかな動きを実現すると考えられています。例えば、すばやいスクロールにも対応する画面の動きや、タッチの反応の良さ、映像の滑らかさなどが挙げられます。

リフレッシュレートが高くなることで、iPhoneのOLEDディスプレイの性能が格段に上がり、これまで以上に滑らかな映像や、ダイナミックで鮮やかな動きを楽しむことができるようになるでしょう。

ただし、iPhoneへの搭載には、バッテリーが持ちこたえられるかどうかなど、課題も残っています。一説では、2021年にLTPOディスプレイが搭載されるまで、iPhoneへのProMotion技術の搭載はおあずけになるとも言われています。

別の噂では、Appleは、iPhoneがある一定の基準を満たすまで、ProMotion技術を搭載するつもりはないと伝えられています。

カメラ

アイフォン12のカメラ

image:phone Arena

昨年発売されたiPhone 11シリーズでは、11 Proと11 Pro Maxにおいて、iPhone史上初の3眼カメラを搭載するなど、背面カメラシステムが大幅に進化しました。今年発売されるiPhone 12のシリーズでは、さらなる性能の向上が期待されています。上位機種には、LiDARスキャナを使った3Dカメラが搭載されるのではないかと言われています。深度を検出できるこの最先端のLiDARスキャナは、今年3月に発売された新型iPad Proにすでに搭載されています。

LiDARスキャナとは、照射したレーザー光が物体に反射して戻ってくるまでの時間を計測することで、センサーから物体までの距離や方向を測定する技術。最大5メートル先の対象物まで計測することができます。屋内でも屋外でも機能し、光子レベルの感度かつナノ秒の速度で、周囲の環境を3Dマッピングすることができます。

iPadOSの新たな深度フレームワークでは、LiDARスキャナが計測した奥行と、カメラとモーションセンサーから得たデータを組み合わせて、詳細かつ正確に対象物や周辺環境を把握することができます。これによって、より現実に近い感覚でARを体験することが可能になります。iPhoneに搭載されると噂の3Dカメラはこれと同じもの、あるいは同じような機能を持つものと推測されます。

Appleは、米カリフォルニア州を拠点とする、Lumentum Operations社から「垂直共振器型面発光レーザー(VCSEL: Vertical Cavity Surface Emitting Laser)」の供給を受け、3D深度センサーを開発しているとみられています。このセンサーは、iPhone 12の4つのモデルのうち、少なくとも1つには搭載される見込みです。AppleがVCSELを初めて採用したのは2017年、前面TrueDepthカメラにおいてでしたが、iPhone 12では、さらに高度なVCSELがToF(Time of Flight)カメラに使われるようです。

また一部では、上位2機種のみ、背面に3D情報の計測が可能なToFカメラが採用されるとの噂もあるようです。

昨年発売のiPhone 11と同じく、今回のiPhone 12シリーズでも、機種によって搭載されるカメラシステムに違いがあるようです。スイスの銀行・UBSのアナリストらは、iPhone 12と12 Maxは2眼カメラを搭載し、上位機種のiPhone 12 Proと12 Pro Maxは3眼カメラを搭載すると予測しています。

また上位2機種においては、現行の2倍からさらに進化した、3倍光学ズームの望遠レンズが装備されると伝えられています。スマートHDRも改良され、明暗の差が激しい場所でも、今まで以上に最適な明るさで写真を作りだすことができます。

さらに、iPhone 12 Pro Maxには、センサーシフト式手ぶれ補正機能が搭載されるかもしれません。iPhone 11シリーズでは広角レンズと望遠レンズにのみ光学式手ぶれ補正が対応していましたが、センサーシフト技術は、手ぶれ補正機能を個々のレンズではなくカメラのセンサーに搭載するため、今後は超広角カメラのレンズにも手ぶれ補正機能が適用される見込みです。

Face ID

アイフォン12のFace ID

image:phone Arena

ミンチー・クオ氏の見解やブルームバーグの記事では、全4機種のうち少なくとも1機種において、前面のカメラレンズが従来よりも小さいものになると予測されています。これはスクリーンとベゼルの比率が変更されたことによるもので、その結果、ノッチの大きさも小さくなると予想されています。

バークレイズのアナリストらによれば、今回搭載されるTrueDepthカメラシステムは、これまでのシステムを改良したものということですが、どのように改良されたのかについては、今のところ言及されていないようです。

またクレディ・スイスのアナリストの話では、今回ではなく数年後になる可能性もあるとしながら、ノッチまたはFace IDがなくなり、代わりにディスプレイに埋め込まれた指紋認証センサーが搭載されている機種が、4モデルのうち少なくとも1つは存在する可能性を示唆しています。さらにブルームバーグの記事によると、ノッチは、将来的には完全に取り払われると考えられているものの、iPhone 12シリーズにおいてはまだ残っているとのこと。

Appleの部品供給業者で、半導体メーカーのAMSが発表した新たなカメラセンサーの技術では、前面TrueDepthカメラシステムに使われているRGB光とIR近接センサーをOLEDディスプレイに内蔵することに成功しました。iPhone 12シリーズでこの技術が使われる場合、Face IDに必要な、TrueDepthカメラシステムなどが収まったノッチは、これまでよりも小さくなると考えられます。

iPhone 12シリーズでは、Face IDの顔認証機能が向上するでしょう。認証可能な角度が広がることでカメラシステムの視野も広がり、これまでは読み取れなかった角度からでもロック解除が可能になるようです。

Touch ID

アイフォン12のTouch ID

image:phone Arena

台湾の経済日報は、iPhone 12の4モデルのうち、少なくとも1機種において、画面内蔵型の超音波指紋センサーが採用される可能性があると報じています。またその後、ロス・ヤング氏(Display Supply Chain ConsultantsのCEO)は、すべての機種にタッチ一体型のY-OCTAが採用されるのではないかと伝えました。

ところで、Touch IDのセンサーはどこに埋め込まれているのでしょうか?バークレイズのアナリストらの情報によれば、画面のどこをタッチしても指紋を認証できる技術を搭載する可能性があるということです。 とはいえ、この技術はiPhone 12では採用されず、2021年の機種にずれ込むというのが大方の予想です。

5G(第5世代移動通信システム)

クオ氏によれば、iPhone 12シリーズの全4機種が5G通信に対応します。チップには、半導体大手・クアルコム製の5G端末向け最新モデムチップ「X55」が採用される見込みです。

X55チップは、ダウンロード速度が最大7Gb/s、アップロード速度が3Gb/sと、快適な通信速度を実現します(あくまで規格上の最大値)。このチップは、主な周波数帯、あらゆる操作やネットワーク性能に対応している、同社初の5Gモデムチップです。

5Gの通信サービスには2つの周波数帯「ミリ波」と「サブ6GHz」があります。ミリ波帯では高速データ通信が可能ですが、カバーする範囲が狭いというデメリットがあります。一方、サブ6GHz帯には、ミリ波帯よりもデータ通信は遅いものの、カバーする範囲が広く電波が届きやすいという特徴があります。例えば、ミリ波帯によるサービスは主要都市や人口密度の高い大都市圏で展開され、サブ6GHz帯のサービスは地方や郊外で展開されるなど、各国の事情によって、それぞれの周波数帯の割り当てや運用形態なども異なってくるでしょう。

クオ氏の予測では、ミリ波とサブ6GHzに対応した機種の発売は、主要なマーケット(米国、英国、オーストラリア、カナダ、日本など)に限られ、その他の国では、サブ6GHz帯にのみ対応する機種を投入するのではないかとしています。また5G通信網を導入しない国や普及が見込めない国では、サブ6GHzの機能を無効にする可能性もあるようです。

5G通信の技術やサービスはまだ始まったばかりですが、iPhone 12シリーズが発売される今秋までには、各通信業者もインフラの整備などサービスの展開に向けてさまざまな取り組みを進めていくことでしょう。

特許料の支払いをめぐって数年にわたり訴訟劇を繰り広げてきたAppleとクアルコム。昨年4月、ようやく和解に踏み切りましたが、供給は遅れをみせており、現在、2社は一刻も早くクアルコムの5G対応チップをiPhoneに搭載するよう協力体制をとっているようです。

■国内5G対応エリアの現状は?
日本における5G通信は、携帯3社が2020年3月に相次いでサービスを開始したことで始まりました。しかし、当初の5G対応エリアは、「エリア」と呼べるものではなく、大都市圏のいくつかの施設で利用できるという極端に限定されたものでした。あれから4か月経過した現在でも状況はほとんど変わっておらず、相変わらず「面」での広がりはなく「点」がいくつか増えたという程度です。

下図はauの通信エリアです。ピンク色で点在しているのが2020年5月末時点の5G対応エリアで、黄色で点在しているのが2020年夏以降に5G対応する予定のエリアです。

ソフトバンクの通信エリアについては、ピンク色が2020年6月末時点の5G対応エリア、黄色が2020年夏以降の5G対応予定エリアです。auと比べて夏以降に対応するエリアに広がりがありますが、あくまでも「夏以降」とのことなので、いつになるのかは不明です。

ドコモは5G対応エリアをマップ上で公開していませんが、公式サイトの「5G通信利用可能施設・スポット一覧」によると、東京の5G対応エリアは2020年6月末時点で、ドコモショップやドコモの事務所が入居するビル、東京スカイツリー、羽田空港、JR渋谷駅・池袋駅・秋葉原駅などわずか19か所に留まっています。

今後、5G対応エリアは順次拡大していくのは間違いありませんが、その道のりは果てしなく長いというのが現実だと思います。

関連記事

最新情報



上へ戻る