iPhone15 最新情報、これまでにわかっていること

iPhone 14が発売してからまだ2か月しかたっていませんが、すでにiPhone 15にまつわる噂はいくつも報じられています。iPhone 15の最新情報をまとめてみました。

画面サイズに変更なし、iPhone 15 Ultra?

画面サイズに変更なし、iPhone 15 Ultra?

アップルが満を持して投入した6.7インチのiPhone 14 Plusは、発売から2週間もたたないうちに減産のニュースが報じられるなど、明らかな販売不振に陥っています。しかし米テック系メディアの9to5Macによると、アップルは今のところiPhone 15シリーズにおいても、iPhone 14シリーズと同様のディスプレイサイズをラインナップするようです。つまり、iPhone 15と15 Proが6.1インチ、 iPhone 15 Plusと15 Pro Maxが6.7インチということです。

ちなみに、米ブルームバーグのマーク・ガーマン氏によると、最上位機種のiPhone 15 Pro Maxは、iPhone 15 Ultraと呼ばれることになるかもしれないとのことです。

下位機種にもDynamic Island

下位機種にもDynamic Island

iPhone 14のProモデル2機種に初めて導入されたDynamic Islandが、iPhone 15の下位機種(15と15 Plus)にも追加されるだろうと、ディスプレイ調査会社DSCCのCEOロス・ヤング氏が述べています。

Dynamic IslandはiPhone 14 Pro / 14 Pro Maxで初めて導入された機能で、通知、アラート、アクティビティを一か所のインタラクティブなスペースに集めて表示するというもの。ディスプレイ上部の切り欠きと置き換わる形で登場した同機能は、iPhone 14 Proモデルの特徴の一つとしてそれなりに注目を集めましたが、個人的にはその有用性がいまいちわかりません。 先進的な"感じ"はするものの、"これいる?"と思うことが多々。更なる改善を期待したいところです。

USB-C採用で転送速度が飛躍

USB-C採用で転送速度が飛躍

image - BBC

iPhone 15シリーズの外部接続端子は、これまでのLightningに代わって、USB-Cになる公算が極めて高いです。これは、欧州連合(EU)がスマホなどの外部接続端子をUSB―Cに統一する規制案を正式に承認したためです。

TF国際証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は、iPhone 15 Proは少なくともUSB 3.2またはThunderbolt 3に対応すると予測しています。これが実現すれば、iPhoneの転送速度は、Lightningと比べて劇的に高速化します。一方、クオ氏は下位機種のiPhone 15と15 Plusについては、既存のLightningと同じUSB 2.0に対応するとしています。

最上位機種にペリスコープレンズ搭載

最上位機種にペリスコープレンズ搭載

アップルは毎年、新型iPhoneのカメラ性能を向上させてきたので、iPhone 15シリーズにもなんらかのアップグレードがあるものと思われます。今のところ、iPhone 15シリーズのカメラ性能について多くは伝わってきていませんが、iPhone 15のProモデルに、望遠性能を大きく向上するペリスコープレンズが搭載されるという噂があります。前述のミンチー・クオ氏やユアンタ証券のアナリスト、ジェフ・プー氏など複数の人物が伝えています。

ペリスコープレンズ搭載の噂は以前から度々報じられてきました。もしこれが実現すれば、iPhoneで5倍や10倍の光学ズームが可能になるかもしれません。iPhone 14 Proモデルの光学ズームは最大3倍なので、大きな飛躍となります。

なお、クオ氏はiPhone 15の最上位機種15 Pro Maxのみにペリスコープレンズが搭載されると予測しています。

サイドボタンと電源ボタンが感圧式に

サイドボタンと電源ボタンが感圧式に

クオ氏によると、iPhone 15のProモデルでは、サイドボタンと電源ボタンが、既存の物理式から感圧式に変わるとのこと。感圧式ボタンは、iPhone 7やiPhone 8、iPhone SE(第2、第3世代)のホームボタンとして採用されています。実際の物理的なボタンとは異なり、実際のボタンを押したような感触が、疑似的に指先に伝わるというものです。従って、iPhoneの電源を切ってしまえば、感圧式ボタンを押しても、何の反応も返ってきません。

搭載チップ、A17 BionicとA16 Bionic

搭載チップ

iPhone 14シリーズでは、上位2つの機種に最新のA16 Bionicチップが、下位2つの機種には1世代前のA15 Bionicがそれぞれ採用されました。アップルはこの戦略をiPhone 15シリーズにも引き継ぐようです。

つまり、iPhone 15 / 15 PlusにA16 Bionicが、iPhone 15 Pro / 15 Pro MaxにA17 Bionicが搭載されるとみられます。

メモリ(RAM)容量は8GBに?

台湾の調査会社トレンドフォースによると、iPhone 15の下位機種にはiPhone 14シリーズと同じ6GBのRAMが搭載される一方で、上位機種は8GBに増量されたRAMが搭載されるようです。

関連記事

最新情報



上へ戻る