10.5/12.9インチiPad Proの新機能と特徴

アップルは6月5日に開催したWWDC17の基調講演で、新型iPad Proを発表しました。9.7インチモデルが10.5インチモデルに置き換わるなど、大きな変化がいくつかありました。新しくなったiPad Proの新機能や特徴をおさらいしておきます。

WWDC17:アップルが発表したこと まとめ

発売日

Appleオンラインストアドコモソフトバンクauの各オンラインショップで、すでに予約注文が始まっています。発売日は6月13日です。

Apple Storeでの販売価格

10.5インチiPad Pro

容量

Wi-Fi

Wi-Fi + Cellular

64GB

69,800円

84,800円

256GB

80,800円

95,800円

512GB

102,800円

117,800円

12.9インチiPad Pro

容量

Wi-Fi

Wi-Fi + Cellular

64GB

86,800円

101,800円

256GB

97,800円

112,800円

512GB

119,800円

134,800円

サイズ

 

10.5インチ

12.9インチ

重量(Wi-Fi)

469 g

677 g

重量(Wi-Fi + Cellular)

477 g

692 g

高さ

250.6 mm

305.7 mm

174.1 mm

220.6 mm

厚さ

6.1 mm

6.9 mm

10.5インチモデルは9.7インチモデルよりやや大きくなって、仮想キーボードやアプリのコントローラをフルサイズで表示できるようになりました。12.9インチモデルのディスプレイサイズは従来と同じです。

10.5インチモデルは、3月に発売されたiPad Air 2の後継機「iPad」と同じ469グラム。厚さはiPad mini 4と同じ6.1mm。12.9インチモデルは前モデルより36グラム軽量化し、677グラムになりました。

カラー

12.9インチモデルはシルバー、スペースグレー、ゴールドの3色。10.5インチモデルはこの3色にローズゴールドが加わります。

10.5インチと12.9インチモデルの違い

iPad Proは10.5インチと12.9インチの2つのモデルになりました。9.7インチモデルは廃止されます。両モデルとも、ディスプレイ、内部構成、スピーカーのスペックは同じで、違うのはディスプレイのサイズのみです。

大きく進化したディスプレイ

ディスプレイは、両モデルとも従来と比べてより明るく、より反応がスムーズになっています。Retinaディスプレイは、P3の広色域、True Tone、600ニトの輝度を採用し、見やすさが大幅にアップ。また、最大120Hzのリフレッシュレートに対応した新技術「ProMotion」により、反応が格段に向上しました。Apple Pencilのレイテンシ(反応速度)は、49ミリ秒から業界最高水準の20ミリ秒に短縮されています。

ProMotionは、iOSと連動して120Hzのリフレッシュレートが必要な場合(描画や高フレームレートのゲーム等)を検出したり、逆にリフレッシュレートを低下させてバッテリーを節約したりすることも可能です。

Split Viewを使うとどんな風に表示されるの?

iOSのマルチタスキング機能を使って2つのアプリをSplit Viewで同時に表示した場合、10.5インチモデルでは「コンパクト」サイズが適用されます。つまり、iPhoneのインターフェイス(UI)が横に2つ並びます。分割比率を25/75あるいは75/25にすると、iPhoneとiPad、あるいはiPad とiPhoneのUIが並びます。

12.9インチモデルの場合は「レギュラー」サイズが適用され、分割比率が50/50ではiPadのUIが2つ並び、25/75あるいは75/25では、iPhoneとiPad、あるいはiPad とiPhoneのUIが並びます。

両モデルとも4GBのRAMを搭載しているので、Split Viewで2つのアプリを分割表示し、Slide Overで別のアプリを表示して、さらにピクチャ・イン・ピクチャでビデオを見る、といったことも可能です。

感圧タッチは非搭載

ホームボタンに感圧タッチは採用されませんでした。この技術は、特に画面の大きな製品では、生産が容易ではないようです。従って3D Touchも採用されていません。しかし、両モデルとも第2世代のTouch IDセンサーが採用されているので、ロック解除や決済承認の応答性は速くなっています。

A10Xプロセッサとグラフィック

両モデルとも、プロセッサはアップル製のA10Xチップを搭載しています。このチップは、3つの高性能コアと3つの高効率コアの計6つのコアで構成され、アップルによればCPUは最大で30%、グラフィック性能は最大で40%向上しているとのことです。

カメラ

リアカメラのiSight、フロントカメラのFaceTime共に、iPhone 7と同じスペックです。iSightカメラは最大1200万画素、4K映像(30fps)の撮影が可能で、FaceTime HDカメラは700万画素にアップグレードされ、Reteina Flashが搭載されています。

新しいiPad Proに使用できるアクセサリは?

従来のApple Pencilはもちろん使用できます。また、新しいSmart Keyboard やApple Pencilケース、レザー製のケースなども登場しています。

iPadアクセサリ

今までのiPad Pro用ケースは使える?

12.9インチのiPad Pro用ケースは本来なら使えるはずなのですが、カメラが改良されているためややきついかもしれません。10.5インチモデルは、9.7インチモデルより高さが少し増えているため、ケースがきちんと閉まらない場合があるかもしれません。

Apple , iMore

関連記事

最新情報