iPhone 8は128GBと256GBの2モデル、価格は11万円以上 = ゴールドマン・サックス

ゴールドマンサックスのアナリスト、シモーナ・ジャンコフスキー氏は最新のリサーチレポートの中で、秋に発売が見込まれているiPhone 8の価格が128GBモデルは999ドル(約11万3千円)、256GBモデルは1099ドル(12万5千円)になるとの予測を発表しました。同氏によると、32GBモデルは発売されないとのことです。

「有機ELディスプレイやワイヤレス充電といった新機能の搭載と物価上昇が部品価格を70ドル以上押し上げた。アップルは130ドルの値上げを行うことで、その穴埋めをする見通し。結果、128GBモデルは999ドル(約11万3千円)から、256GBモデルは1,099ドル(12万5千円)からという価格設定になることが予測される」(ジャンコフスキー氏)。

これまでに発売されたiPhoneのうち最も高額だったのは、iPhone 7 Plusの256GBモデルで、価格は969ドル(日本のApple Storeでは現在10万7800円)でした。

iPhone 8の価格については、KGI証券なども高額化を見込む一方で、UBS証券は異なる予測を発表しています。同社によると、iPhone 8の容量は64GBと256GBで、価格は前者が850~900ドル(9万6千円~10万2千円)、後者が950~1,000ドル(10万7千円~11万3千円)。現行のiPhone 7 Plusとさほど変わらない価格を見込んでいるようです。

MacRumors

関連記事

最新情報