「ファイル」アプリの使い方

iOS 11から新たに加わった「ファイル」アプリは、iCloud Driveのほか、Dropbox、Googleドライブ、OneDriveなど他社クラウド・ストレージ・サービスに保存しているデータにもアクセスできるファイル管理アプリです。iCloud Driveは「ファイル」アプリに統合されたため、iOS 11では単体アプリとしては存在しません。

ここでは、「ファイル」アプリの操作方法をご紹介します。

Dropbox、OneDrive、Gooleドライブを追加する

iPhoneにDropboxやOneDrive、Googleドライブがインストールされている場合、ファイルアプリからもアクセスして、操作することができます。

「ファイル」を起動する

ポートレート

ホーム画面から[ファイル]をタップします。

「編集」を開く

ポートレート

画面下の[ブラウズ]をタップしてから、[編集]をタップします。

スイッチをオンにする

「ファイル」に追加するアプリのスイッチをオンにして、「完了」をタップします。

ポートレート撮影

追加したアプリにアクセスする

「ブラウズ」の「場所」から各アプリをタップすれば、保存されているファイル(データ)にアクセスすることができます。

ポートレート撮影

ファイルアプリに保存する

「ファイル」では、Pages、Numbers、KeynoteといったアップルのiWorkアプリのデータのみならず、PDFやWord、Excelなどあらゆる種類のデータを保存することができます。

操作方法

1. ファイル(データ)を開きメニューアイコンをタップ。アイコンは画面下にあることもあります。

2. [ファイルに保存]をタップ。

3. 保存先を選択し[追加]をタップ。

ポートレート撮影

ファイルやフォルダの表示順序を変更する

初期設定では、ファイル(データ)やフォルダは「名前」順に並んでいますが、[表示順序]をタップして、[名前] [日時] [サイズ] [タグ]から並び順序を選択することができます。

ポートレート撮影

リスト表示に変更する

右端の3本線をタップすれば、縦一列に並ぶリスト表示に変更できます。

ポートレート撮影

新規フォルダを作成する

1. フォルダ作成のアイコンをタップ。
2. フォルダ名を入力し、[完了]をタップ。
3. フォルダが作成される。

ポートレート撮影

ファイルの保存場所を移動する

同じ階層のフォルダに移動する

ポートレート

ファイル(データ)を軽く長押しすると、ドラッグ&ドロップが可能になります。ファイル(データ)をフォルダに入れるだけでなく、フォルダを別のフォルダに入れることも可能です。

別のアプリまたは別の階層に移動する

1. [選択]をタップ。

2. 移動したいファイル(データ)をタップしてチェックマークを付け、画面下のフォルダアイコンをタップ。

3. 移動先のフォルダを選択し、[移動]をタップ。

ポートレート撮影

この方法だと、iCloud DriveのファイルをDropboxに移動したりできます。ただ、現時点では、OneDriveにファイル(データ)を移動したり、OneDriveから別のアプリにファイル(データ)を移動することはできません。

タグを付ける

1. ファイル(データ)を開きメニューをタップ。

2. [+タグ]をタップ。

3. タグを選択し[完了]をタップ。リストにないタグをつける場合は、[新規タグを追加]から作成できます。

ポートレート撮影

コピー、複製、名称変更、移動、削除、共有、タグ、情報

ファイルやフォルダを軽く長押しして指を離すと、メニューが表示されます。表示されるメニューの項目は、ファイルとフォルダで異なります。

ポートレート撮影

コピー:データをコピーします。例えば、コピーしたファイルをメールにペーストすると、添付ファイルとして送信できます。

複製:同じ「場所」にデータが複製されます。

名称変更:ファイルやフォルダの名前を変更できます。

移動:ファイルやフォルダの保存場所を移動できます。

削除:ファイルやフォルダが削除されます。

タグ:ファイルにタグをつけることができます。すでに付いているタグを外すこともできます。

情報:ファイルの種類、サイズ、作成日、変更日、タグを確認できます。

よく使う項目に追加:「ブラウズ」画面の「よく使う項目」にフォルダを追加できます。ファイルを追加することはできません。

関連記事

標準アプリ

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る