iPhone 5s、供給が追いつくのは12月初旬 - 米アナリスト

20日の発売後3日間で、5cと合わせて900万台のセールスを記録したiPhone 5sですが、入手困難な状態はまだまだ続きそうです。米国のCNETが伝えています。

米投資銀行Piper Jaffrayのアナリスト、ジーン・ミュンスター氏は26日、投資家に宛てた書簡の中で、iPhone 5sの供給が追いつくのは12月初旬との見通しを示しました。

ミュンスター氏によると、米国、英国、フランス、ドイツ、カナダ、オーストラリア、香港、シンガポールのアップル オンラインストアでは、iPhone 5sの出荷日は10月とされ、日本にいたっては、5sのゴールドモデルの入荷に目処が立っていないとのこと。

昨年9月にリリースされたiPhone 5は、12月初旬まで供給が追いつきませんでした。ミュンスター氏は、iPhone 5sも同じ道を辿るだろうと予測しています。

また、同氏が水曜日に米国のアップルストア20店舗を調査したところ、iPhone 5sの在庫を持っている店舗は3割強だったようです。

関連記事

最新情報



上へ戻る