iPhone 5sのモーションセンサーに不具合? 測定値にズレ

iPhone 5とiPhone 5sの測定値。ズレまくる。

iPhoneの高い品質と信頼性はよく知られるところです。しかし最近のテストで、iPhone 5sの少なくともいくつかのモデルで、センサーに不具合があることが明らかになったようです。米国のApple Insiderが伝えています。

アプリの開発者は、iPhoneに搭載されたモーションセンサーを活用して、ゲームや測定器、ナビ等を製作しています。米国のGizmodo は、2台のiPhone 5sを使って行った一連のテストで、水平器、加速度計、コンパス、ジャイロスコープが誤った測定値を示したと伝えました。

テストは、iPhone 5sで測定した結果を、iPhone 5や他の専用測定器で測定した結果と比較しています。水平器のテストでは、iPhone 5sはスタンレー製の専用の水平器と比較して2~3度の差がありました。一方iPhone 5は、専用測定器とほぼ同じ数値を示せることが確認されました。

傾斜計と同じハードウエアを使用している、iPhone 5sのジャイロスコープ機能も同様です。iPhone 5を水平なテーブルの上に置くと予測通り0度を示したのに対し、iPhone 5sはマイナス3度の値を示しました。

また、実際の方位磁石と比較したコンパスのテストでは、iPhone 5の方が5sよりも磁北を正確に表示できることが示されました。iPhone 5sと5では8~10度の計測差が一貫して存在したようです。

Gizmodoによると、テスト結果は決定的なものではないが、他のセンサーテストで得られた結果と一致するとのこと。値の不正確さがハードウエアにどの程度起因するかは不明ですが、ソフトウエアのアップデートで少なくともいくつかの問題は軽減できるようです。伝えられるところによると、多くのユーザーがデバイスを交換し、それにより問題が解消したユーザーも報告されているのことです。

関連記事

最新情報



上へ戻る