一新 iOS 7!知っておくべき新機能の数々

アップルは、10日(米国時間)から始まったWWDC(世界開発者会議)でiOS 7を正式に発表しました。米国のThe Vergeが詳細を伝えています。

iOSは、2007年に発売された初代iPhoneから採用されている、アップルのモバイル用オペレーティングシステムです。CEOのティム・クック氏によると、同社はiOS 7で5年前のiPhone発売以来最大となるプラットフォームの変更を行ったとのこと。

新しいデザインは、シャープでフラットなアイコン、極細のフォント、ロック解除の新機能、そして画面下からスライドして表示されるコントロールパネルなどが特徴です。内蔵アプリもすべてリニューアルされていますが、大幅に改良された天気アプリのアニメーションはヤフーの天気アプリのグラフィクスに恐ろしく似ています。

チーフデザイナーのジョナサン・アイブ氏は、iOS 7のアイコンには新しい色使いを採用し、古いタイプの派手な原色から、最新のグラデーションと色調に変更したと語っています。iOS 7のデザインはすべてにおいてフラットさが際立ちます。ボタン、スイッチ、アプリを囲むインターフェイスにいたるまで、今風のフラットなデザインになっています。

アップルによると、新しいデザインでは、アプリが画面上のスペースをうまく利用しているため、表示が大きく見えるようになっているとのことです。カレンダー、電話、メッセージ、Game Center、その他すべて、従来のスキュアモーフィックなデザインを捨て、すっきりした平坦なレイアウトを採用しています。画面左上のシグナルバーも、ドットのならびに変更されています。

新しい内蔵アプリは、指をスライドするジェスチャー機能による操作が可能です。またフォルダは、12~16個だったアプリ制限がなくなり、何百ものアプリを入れることができるようになっています。通知センターも刷新され、一度に見られる通知の数を制御したり、ロック画面で通知センターを直接表示したりできる機能が追加されて、一日の予定、天気、交通情報などを一目で見ることが可能になりました。

コントロールセンター

コントロールセンターとは新しいスワイプアップメニューの名前で、画面下からスワイプすると、よく使う機能に素早くアクセスできます。音楽の再生制御や、フライトモード、Wi-Fi、Bluetooth、フラッシュライト、輝度、その他多くの機能の切替えが可能です。言うまでもなくiOSユーザーが長いこと待ち望んでいた機能です。

マルチタスク機能

マルチタスク機能は、限定的なサービスや内蔵アプリだけではなく、全てのアプリに対応できるように改良されました。新しい機能により、バッテリー寿命に影響をおよぼすことなく、アプリをバックグラウンドで更新できるようになります。また、アプリを特定の時間や強いワイヤレス範囲にいる間に更新できる、高度な機能も備えたとのこと。Push通知機能は、バックグラウンドでアプリを更新するトリガーとなり、それによってアプリがつねに新しい内容に更新されるようになったため、デバイスを開いたときにリフレッシュを待つ必要が無くなります。カード方式による新しいインターフェイスは、アプリが大きなプレビューを備えていたwebOSを強く想起させます。

Safari

Safariのモバイルブラウザは、改良されたフルスクリーンのブラウジング、ジェスチャー機能による操作、それにiOSとアンドロイド用のGoogleクロームのインターフェイスに非常に良く似た、カードをめくるようなタブ式の外観が特徴です。検索バーはなくなり、アドレスバーから直接検索を実行できます。iOS向けSafariは、iCloud キーチェーン(Safariで入力するパスワードを管理できる新機能)にも対応し、デバイス全体でパスワードやクレジットカード情報を同期できるようになっています。

AirDrop

AirDropは、iOS 7から新しく搭載された機能です。コントロールセンターを介して他のiOS ユーザーとコンテンツを共有することができます。親しいユーザーと共有したり、誰にコンテンツを送信できるかを教えてくれたりします。これは、サムスンのグループプレイや、他のプラットフォームが対応しているタップによるNFCの共有機能に対する、アップルからの回答のようです。AirDropは、iPhone 5、第5世代iPod touch、第4世代iPad、iPad miniで利用できます。

カメラと写真

カメラは、改良したユーザーインターフェイス、スクエアフレーム、新しいフィルタなどを搭載して刷新されています。写真アプリもアップグレードされ、他のアプリ同様にフラットなデザインが特徴です。新しいMoments機能では、写真を撮影の時間や場所ごとに整理したり、ある年に撮影した写真を一覧で見たりすることができます。写真アプリもジェスチャー機能を持ち、指で写真をスライドするとプレビューがポップアップで表れます。また、静止画の共有に加えてiCloudを介した動画の共有にも対応しています。

Siri

こちらもインターフェイスはフラットですが、音声を女性または男性から選択できるように改良されています。言語は英語、フランス語、ドイツ語に対応しそれ以外の言語も徐々に増えていくようです。Siriは、Bluetoothの切り替えや輝度のコントロール、音声メッセージの再生にも対応できるようになっています。音声によるTwitter、Bing、Wikipediaの検索も可能で、質問に対してより多くの情報を提供します。

車での利用

iOS 7の大きな改良点の1つが、車内での機能です。2014年には、数多くの車の車内ディスプレーでiOSの表示が可能になるとのこと。改良されたSiriとの統合により、音声によって電話をかけたり、音楽を再生したり、目的地を検索したりできるようになります。

App Store

App Storeは、例えば美術館など、ユーザーの現在位置にもとづきその場所で人気のあるアプリを見つける機能が追加されました。また、バックグラウンドでアプリを自動的に更新できるようにもなっています。

iTunes Radio

iOS 7の最大のアップグレードが、まったく新しいユーザーインターフェイスを持つ音楽プレイヤーiTunes Radioの追加です。Spotify、Rdio、Google Music All Accessといった先行するストリーミング音楽サービスに対するアップルからの回答とみられます。iTunes Radioは、聞きたい曲をオンデマンドで選択でき、特定の楽曲、アーティスト、アルバム、ジャンルにもとづいてラジオ局をキュレーションできる機能です。仕組みとしてはPandoraに非常に良く似ています。iTunes Radioは、iPhone、iPod touch、iPad、およびMacやそれ以外のパソコンのiTunesで利用できるようになるとのことです。

その他

iOS 7の上記以外の新しい機能には、異なるデバイス間の通知の同期、Wi-FiでのFaceTime音声通話、Mail検索の改善、それに通話・FaceTime・メッセージのブロック機能などがあります。

iOS 7が、2007年の導入以来初となる大々的なプラットフォームの見直しを行ったことは間違いないようです。これから、現行のもしくは既存のモバイルOSとの多くの(公正な)比較が行われることでしょう。その結果がどうあれ、iOSは古くつまらないものになったと不満を並べ立てる人たちも相変わらずいることでしょう。しかし言うまでもなく、iOS 7は今後、何百万人ものスマートフォンおよびタブレットユーザーが選択するプラットフォームになります。

iOS 7は、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPad 2、第3および第4世代iPad、第5世代iPod touchで利用できます。開発者は10日にiPhoneからベータ版をダウンロードすることができますが、それ以外のわたしたちは、今秋の正式公開まで待たねばなりません。

関連動画

とても印象的な「WWDC 2013」のオープニング動画。

最新情報



上へ戻る