アップル、新型MacBook Pro発表 M2 Pro / M2 Maxを搭載 

アップルは現地時間1月17日、自社製チップの最新版を搭載した14インチおよび16インチのMacBook Proを発表しました。同日より予約受付を開始し2月3日に発売します。

新型MacBook Proは、新たに設計した省電力かつ高性能の半導体チップ「M2 Pro」または「M2 Max」を選択可能。アップルによると、「M2 Pro」は最大12コアのCPU、最大19コアのGPUを備え、最大32GBの高速ユニファイドメモリを実現。一方の「M2 Max」は、M2 Proの能力を土台とし、最大38コアのGPU、2倍のユニファイドメモリ帯域幅、最大96GBのユニファイドメモリを実現したと説明しています。販売価格は14インチモデルが28万8800円から、16インチモデルが348,800円から。

新製品の発表に伴い、2021年10月に発売したM1 ProやM1 Maxを搭載したMacBook Proは販売停止になったようですが、「認定整備済製品」として引き続き販売されています。

なお、アップルは17日にM2とM2 Proを搭載した新型Mac miniも発表し、同日より予約受付を開始し2月3日に発売します。販売価格は84,800円から。

【公式】Apple

関連記事

最新情報



上へ戻る