比較:新型AirPods (第2世代) vs AirPods (第1世代)

アップルは3月20日、第2世代となる新型AirPodsを発売しました。噂されていた健康のモニタリング、ノイズキャンセリング、防水性といった機能は搭載されなかったものの、第1世代にはなかったいくつかの新機能が加わりました。

価格

新型AirPodsの価格は、通常の充電ケースとセットになった「AirPods with Charging Case」が17,800円。今回から新たに登場した無線充電ケースとセットになった「AirPods with Charging Case」が22,800円です。

「Wireless Charging Case」はケース単体でも販売されます(8,800円)。第1世代のAirPodsを持っているユーザーは、ケースのみを購入してQi対応の充電マットで充電することが可能です。Wireless Charging CaseにはLightningポートがついているので、ケーブルを使った充電も引き続き行えます。

デザイン

ケース前面についたLEDライトを除けば、新型AirPodsの外見は、寸法、重量、カラー(ホワイトのみ)を含め第1世代AirPodsからほとんど変わっていません。LEDライトは、AirPodsをケースに入れてQi対応の充電マットに置いたときに、充電状況を知らせてくれます。

プロセッサ

新型AirPodsは、アップル独自の新しいチップ「H1」を搭載しています。第1世代の「W1」でも、ワンタップでシームレスなペアリングが可能でしたが、新型AirPodsは接続速度が1.5倍上がり、 iPhoneやiPad等のデバイスに、より安定した無線接続が行えるようになっています。アクティブなデバイス間での切り替えも、最大で2倍の速さを実現しています。

また、H1チップはレイテンシーを最大30%削減しており、ゲーム中の画面と音声のズレはほとんど感じられないとのことです。

Siri

今回の刷新の最大の注目点は、AirPodsを装着したままSiriを呼び出せるようになったことです。これもH1チップの成果です。

第1世代のAirPodsでは、Siriを呼び出すときは先にAirPodsをダブルタップする必要がありましたが、新モデルは「Hey Siri」と呼びかけ、指示を出したり話をしたりするだけでOK。両手がふさがっているときや音楽再生を制御したいときなどに、特に便利に使えそうです。

バッテリー

新型AirPodsのバッテリー寿命は、第1世代とほぼ同じです。1回の充電で5時間、15分の充電で3時間使用できます。連続通話時間はH1チップのおかげで50%増加し、最大3時間の通話が可能になりました。

Apple , MacRumors

関連記事

最新情報



上へ戻る