iPhone 6s / 6s Plus、カメラ機能の良い点と悪い点

iPhone 6sと6s Plusに搭載されたカメラの、良い点と悪い点を米Forbesが伝えています。

iPhone 6sと6s Plusは、iSightカメラ(背面)の画素数が800万から1200万に増加し、解像度が4倍になり、Face Timeカメラ(背面)にTrue Toneフラッシュが搭載されたことが、スマートフォンフォトグラファーにとって良いニュースでした。一方で、6s Plusや他社のハイエンドスマートフォンの多くに搭載されている光学式手ぶれ補正(OIS)が、今回もiPhone 6sに搭載されなかったことは非常に残念な結果でした。


低光量性能は2倍に

OISは、手持ちでビデオを撮影するときにブレを解消するだけでなく、低光量で撮影した写真の全体的画質も改善します。iPhone 6sにこの機能が搭載されることを多くの人が望んでいましたが、残念ながら実現しませんでした。

したがって、iPhoneで最高品質のカメラを使いたければ6s Plusを選ぶ必要があるでしょう。このことは、サムスンのGalaxy S6、LGのLG G4、OnePlusのOnePlus 2といった製品との競争で、iPhone 6sを不利な立場にします。

iPhone 6は、iPhone 5sから採用されたf/2.2の比較的明るいレンズが引き続き採用されていました。以後、サムスンのGalaxy S6はf/1.9、LG G4はf/1.8と、競合製品がさらに明るいレンズを導入し始めます。

もちろんレンズの質は絞りだけで決まるものではありませんし、アップルには優れた画像品質を提供してきた実績もあり、iPhone 6sのカメラが画像処理や1200万画素のセンサーによる性能向上といった点で、競合のカメラに勝る可能性は十分あります。

新しいセンサーは単に画素数が増えただけでなく、赤、緑、青のフィルタを従来の設計よりもピクセルのトップに近づけて配置することで、さらに正確な色を再現することを可能にしています(とアップルは説明しています)。また「ディープトレンチアイソレーション」技術を使うことで、ピクセルが捕捉した光が別のピクセルを邪魔しないようにしています。それにより、低光量時の撮影における画像ノイズが減少します。

ただしこのディープトレンチアイソレーションは全く新しい技術ではなく、サムスンが開発したISOCELL画像センサーの主要技術であり、Galaxy S6やGalaxy Note 5ですでに採用されています。

LivePhotosと3D Touch

新たに導入された3D Touchは、指の圧力と単なるタッチとを識別する機能です。新iPhoneはこれを使って静止画像の前後に自動撮影した1.5秒の動画を追加します。画像を指で押すと、この動画が音声と一緒に再生される仕組みです。

全く新しいコンセプトというわけではありませんが、他社ではパッとしなかったこの技術がアップルの勢いを加速させる可能性は大です。LivePhotosは今後Facebookにも対応する予定。

ということは、Facebookが所有するInstagramにもその流れが広がり、毎日約7,000万の写真がアップされるInstagramでLivePhotosを当たり前に目にするまでそう時間はかからないはずです。使いやすい競合フォーマットが登場するまで、LivePhotosがiPhoneの売上を加速させる強力なツールとなるでしょう。

高解像度撮写真と4K撮影

新iPhoneは画素数が1,200万にアップグレードしたことで、4k動画の撮影も可能になりました。この機能は多くのユーザーにとって必ずしも必須のアイテムというわけではありませんが、iPhoneの動画スペックを競合と比肩しうるものにしました。また4K動画の編集機能も内蔵され、高品質な動画を簡単に作成できるようになっています。

アップルが800万画素でも十分に優れた画像を提供できたことを考えると、画素数を1600万ではなく1200万に決定したことは重要です。OnePlusはOnePlus 2で、低光量撮影時に画素数の多さがより優れた結果を生むことを実証しましたが、iPhone 6sと6s Plusのカメラはこうした1600万画素カメラの競争に一石を投じることになるはず。いずれにしろ、現時点ではiPhone 6s Plusに搭載されたカメラがアップル最強のカメラであることに間違いはありません。

関連記事

最新情報



上へ戻る