iPhone 6s / 6s Plus、著名サイトのレビュー記事 まとめ

iPhone 6sと6s Plusの発売日が数日後にせまる中、一足先に実機を手にしたテクノロジー系メディアが続々とレビューを公開しています。今回のアップデートで注目すべき点は、1,200万画素のカメラ、4K動画機能、3D Touch、LivePhotosなどです。実際に触れた印象はどのようなものなのでしょうか? 著名サイトのレビューをまとめてみました。

iPhone 6s / 6s Plus、新機能や特徴の詳細情報


6sは最高のスマートフォン - The Verge

米国のサイトThe VergeはiPhone 6sを「販売されている中で最高のスマートフォン」と呼び、iPhone 6以前のモデルとは一線を画す体験ができると述べています。3D touchについては「面白くて役に立つ」が、現時点ではアップル純正アプリ以外には制限的であるとのこと。

アップルは感圧が何段階あるかを厳密には明らかにしないつもりのようだが、かなり多くあるとみられる。インターフェイスは物理的なプレスにリアルタイムで反応し、例えば、アイコンを押す強さに応じて画面がぼけたりクリアになったりする。

OS Xの右クリックのようなもので、なくても問題はないが、あれば格段に便利だ。すべてのアプリで使えるようになって欲しい。その意味では、他社がこの機能を確実に活用できるようになるまで、3D Touchは真に画期的とはいえないかもしれない

3D Touchは画期的機能 - BuzzFeed

米BuzzFeedは、iPhone 6sの優れた点は速度とカメラ機能の向上だとしていますが、やはりThe Verge同様に3D Touchを画期的機能として挙げています。

iPhone 6sの柱となる機能は3D Touchだ。ディスプレイに加えた圧力を感知して、操作メニューやプレビューを表示する。「peek」と「pop」の2つの動作が新たに加わり、peekはアプリやEメール、コンテキストメニューのプレビューを呼び出し、popはアプリそのものを開く。各動作にはそれぞれ種類の異なる微かな振動が伴うので、ユーザーは動作の違いを識別できる。iPhoneを仕事に使用しているパワーユーザーには便利なはずだ。

LivePhotosが素晴らしい - ウォールストリートジャーナル

米ウォールストリートジャーナルのジョアンナ・スターン記者は、写真の前後に短い動画を追加できるLivePhotosがお気に入りのようです。

iPhone 6sで素晴らしいのは間違いなくLivePhotosだ。写真を撮影するときに短い動画も一緒に撮影する。活発な子供やペットとの楽しい瞬間を、あとで思い出すことができる。LivePhotosを再生できるのはiOS 9を搭載したiPhoneやiPad。ただし、写真に計3秒の動画が追加されるため、iPhone 6よりも容量を2~3倍消費する。もちろん機能はオフにできるけれど絶対したくならないはず。

なぜ動画ではなくLivePhotosなのか? - ニューヨークタイムズ

米ニューヨークタイムズのブライアン・チェン記者も、LivePhotosは逃したくない一瞬をとらえてくれると高く称賛しています。

なぜ動画じゃだめなの?と不思議に思う人もいるかもしれないが、人生には動画を撮影するつもりではなかった瞬間もある。LivePhotosはそれを撮影するチャンスを提供してくれる。私はペットでこの機能を試したが、彼が手で地面に穴を掘り始める瞬間を撮影でき、写真ではとらえきれなかった彼の個性の一端を垣間見ることができた。

LivePhotosは改善の余地あり - Pocket-Lint

一方Pocket-Lintは、アップルが今後のソフトウエアアップデートでLivePhotosを改良していくと指摘しています。具体的には、iOS 9はiPhoneの動きを自動感知し、ユーザーが見たい場面を撮影できるようになるとのこと。

アップルは今後のソフトウエアアップデートで、LivePhotosをさらに改良していくと述べている。いずれは、iPhoneを上げたり下げたりする動作を感知し、一番高く上げた時点で自動キャプチャが起動するようになる。

LivePhotosは、撮影後にカメラを下ろす瞬間をとらえてしまっていることが多く、ユーザーはこの機能の必要性を実感するはずだ。もう1つ、音声が自動録音される点も改善の余地がある。子供の笑い声であれば愛らしいが、それが叫び声などであったらあまりいいものではない。

4Kビデオは鮮明でクリアも容量が膨大 - USAトゥデイ

USAトゥデイのエド・バイグ記者は、新iPhoneの1200万画素のリアカメラと500万画素のフロントカメラを優れた点に挙げています。また、4Kビデオは鮮明でクリアな映像が撮れるとのこと。しかし撮影した動画が膨大な容量を消費することから、現実的にはあまり有用な機能ではないかもしれないと懸念しています。

セルフィーについては、フロントカメラにフラッシュが搭載されて発光が3倍明るくなったことが素晴らしい。動画撮影の愛好者は4K動画の撮影を楽しめるだろう。ただし4K動画を再生できる人は多くないので、この機能はデフォルトでオフすることもできる。4K動画は、最新のiMovieで編集可能だ。

iPhone 6s Plusなら、自分で撮影したHD動画に十分満足できるはず。6s Plusには手ぶれ補正機能が付いているからだ。難点を言えば、4KとHDの撮影切り替えをiPhoneの設定ではなくカメラアプリで直接できるようにしてほしい。

特に気に入っているのはTouch IDの向上 - 日本経済新聞

ITジャーナリストの石川温氏は日本経済新聞に寄稿した記事の中で、Touch IDの反応が向上したことを「気に入った点」として挙げています。

iPhone 6s / 6s Plusの進化で特に気に入っているのが指紋認証の反応がよくなった点だ。前モデルと比べるとわずかな差でしかないのだが、頻繁にロックを解除するだけに、この反応が良くなったのは評価できる。

iOS 9を搭載したiPhoneではパスコードが最低でも6桁(従来は4桁)が必要となる。そのため、毎回、ロックを解除するのに数字を6桁入力するのはわずらわしい。指紋認証が早くなったことで、そのわずらわしさから解放されるのはありがたいといえそうだ。

各レビューは、新しいiPhoneのバッテリー寿命はiPhone 6や6 Plusと同等であるとするアップルの主張に、一様に同意しています。低電力モードにすればバッテリー時間をさらに伸ばすことが可能で、1日分の使用には対応できるとのこと。最善のバッテリー寿命を手に入れたいのなら、iPhone 6s Plusを選択するのが賢明のようです。

全体に、iPhoone 6sと6s Plusは堅実なアップグレードであるが、新しい機能は大幅に容量を消費し、とりわけ16GBモデルでその傾向が強いというのが共通の意見でした。iOS 9については、ハードウェアと連携してiPhoneの印象を新鮮かつ最新のものする、優れたアップグレードとして高く評価されています。

iPhone 6sと6s Plusは25日金曜日に発売開始です。

via - 9to5Mac , 日本経済新聞

関連記事

最新情報



上へ戻る