来年前半に4インチ新型iPhone登場、iPhone 7 PlusのRAMは3GBに = KGI証券

KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が、2016年に発売が見込まれるiPhoneについて、最新の予測を公開しました。

それによると、アップルは4インチサイズのiPhoneの開発を継続しているとのこと。

「4インチのiPhoneの需要は今もなお存在するので、アップルはこのラインのアップグレードを行うとみられる。恐らくiPhone 5sのアップグレードになるはず。2016年前半に金属ケースの大量生産を開始し、iOS 9かその次のiOS 10をスムーズに実行できるよう、プロセッサはA9を搭載させるだろう」(クオ氏)

さらに、4インチのiPhoneは、iPhone 6sや6s Plusとの差別化を維持するため3D Touchは採用されず、2016年末までの販売台数は2,000~3,000万台が見込まれているとしています。

次世代モデルのiPhone 7については、例年通り第3四半期(7~9月)に発売され、新しいA10チップを搭載して、性能の向上が図られるとのことです。iPhone 7と7 PlusではRAMの容量が異なり、4.7インチのiPhone 7は現行のiPhone 6sと同じ2GB、5.5インチの7 Plusには3GBのRAMが搭載されるとクオ氏は予測しています。

via - Mac Rumors

関連記事

最新情報



上へ戻る