ソフトバンク、各種事務手数料を大幅値上げ 4月15日から

ソフトバンクは、機種変更やMNP転出の際などにかかる各種事務手数料を4月15日から値上げすると発表しました。

ソフトバンクは値上げの理由について、「これまでお客さまへのサービスとして各種手数料の一部を弊社負担してまいりましたが、近年の事務対応の増加を踏まえて、このたび下記の通り改定させていただきます」としています。

改定後の料金

■機種変更手数料:2,000円 ⇒ 3,000円

■MNP転出手数料:2,000円 ⇒ 3,000円

■電話番号・メールアドレスお預かりサービス事務手数料:2,000円 ⇒ 3,000円

■電話番号変更手数料:1,500円 ⇒ 3,000円

■譲渡手数料:1,800円 ⇒ 3,000円

■USIM再発行手数料:1,900円 ⇒ 3,000円

以下4つの値上げについては、「紙資源削減による自然環境保護への取り組みを一層すすめるとともに、My SoftBankの利便性向上に伴い料金案内のオンライン化を促進するため」とのこと。改定は4月請求分より。

■請求書発行手数料:100円 ⇒ 200円

■通話明細書手数料:100円 ⇒ 200円

■支払証明書発行手数料:300円 ⇒ 400円

■契約事項証明書発行手数料:300円 ⇒ 400円

via - shimajiro@mobiler , ソフトバンク

関連記事

最新情報



上へ戻る