ソフトバンク、auに追従 ― 月1700円の定額通話プラン「スマ放題ライト」発表

ソフトバンクは11日、月額1,700円で5分以内の国内音声通話を回数制限なく利用できる「スマ放題ライト」を9月25日より提供すると発表しました。

「スマ放題ライト」は、「通話し放題ライトプラン」と従来の「データ定額パック」の組み合わせで利用でき、「データ定額パック」は5GB以上の選択が必須となります。

ということは、「スマ放題ライト」の最低額は、1700円(通話定額)+5000円(データ定額)+300円=7000円ということになります。

これまでのスマ放題では、国内通話がすべて無料の「通話し放題プラン」が2700円だったものの、「データ定額パック」で2GB(月3500円)から選択できたため、月の最低額は6500円となっていました。

なので、安さを追求したい方は、これまで通りの「スマ放題」を選択し、無料通話は1回5分以内で十分という方は、「スマ放題ライト」を選ぶと良いでしょう。5分超過分は20円/30秒になります。

なお、ソフトバンクの「スマ放題ライト」は、auが11日に発表した「スーパーカケホ」を追従したもの。 とはいえ、両社のプランが全く同じかというと、そうでもなく、auの「スーパーカケホ」は、データ定額に3GB(4200円)を選択できるため、月額はソフトバンクを下回る6200円で利用できます。スーパーカケホの5GBだと、ソフトバンクと同額の月額7000円になります。

iPhoneを楽しむためには、月3GBではさすがに少ないと思いますが、選択肢が増えること自体は歓迎すべきことですね。

スマ放題ライト

関連記事

最新情報



上へ戻る