TeachMe iPhone  >   iPhone  >   電話

電話のかけ方・受け方

一口に電話をかけると言っても、iPhoneには意外にも様々な電話のかけ方が存在します。知っておくと便利な小技などもあるので、紹介したいと思います。

「電話」アプリを起動する

ホーム画面

ホーム画面の[電話]アプリをタップします。

キーパッドで電話をかける

画面下タブバーの[キーパッド]を開きます。キーパッドで電話番号を入力し、発信ボタンをタップすれば電話がかかります。

キーパッド
デュアルSIMの場合

iPhoneにSIMカードとeSIMのふたつを設定している場合は、電話を発信する回線を選択することができます。発信画面上部に表示されている[副回線(主回線)]をタップして使用する回線を選択してください。

デュアルSIM
発信中

呼び出し音が鳴り、相手が電話に出ると通話が始まります。発信中や通話中に通話終了ボタンまたはiPhone本体のサイドボタンを押すと電話が切れます。

通話中画面の操作方法

同じ番号に電話をかけ直す

キーパッドを使って電話をかけた相手には、簡単にリダイヤルすることができます。キーパッド画面で発信ボタンをタップすると、前回かけた電話番号が表示されるので、発信ボタンをタップしてリダイヤルします。

リダイヤル
国際電話をかける
国際電話

国際電話をかけるときは、国番号の前に「+」を付けます。「+」は、数字の[0]を長押しすると入力されます。

連絡先から電話をかける

連絡先を選ぶ

連絡先

タブバーの[連絡先]を開き、相手の名前をタップします。

「よく使う項目」の登録と発信方法

発信する

電話番号または発信ボタンをタップして発信します。

発信
連絡先を検索する

連絡先が多くて探すのが困難なとき、検索機能が役立ちます。検索フォームにキーワードを入力すると連絡先を検索できます。連絡先に登録されている名前、電話番号、住所などで検索可能です。

検索

履歴から電話をかける

「履歴」画面の見方

最近の発信・着信履歴は、タブバーの[履歴]をタップすると確認できます。

履歴
不在着信

[不在着信]を開くと、履歴の中から不在着信のみが表示されます。

履歴から発信する

履歴の相手の名前をタップすると、すぐに発信します。

履歴から発信

情報を開く

[ i ]をタップすると、連絡先の情報が開きます。電話番号発信ボタンをタップすると発信します。

情報
履歴を削除する

履歴を個別に削除する

画面右上の[編集]をタップしてから、削除したい履歴の[-]をタップします。[削除]ボタンが出るのでこれをタップすると削除されます。

編集
不在着信

最後に[完了]をタップして編集を終えます。

すべての履歴を削除する

履歴をすべて消す場合は、「編集」のあとに[消去]をタップして、[すべての履歴を消去]を選んでください。

すべての履歴を消去

Siriで電話をかける

連絡先リストの相手に電話をかける

Siri

Siriを起動し、[○○の携帯に電話して]と話しかけると発信します。

番号をダイヤルする

Siriを起動し、[電話をかける]と話しかけます。「どなたに電話をかけますか?」と聞かれるので、[123、456]と桁のまとまりごとに電話番号を区切って読み上げると発信します。

Siri

Siriの使い方

緊急電話をかける

iPhoneにFace IDやパスコードでロックを設定している場合でも、ロックを解除せずに緊急電話をかけることができます。緊急電話をかけるには、パスコード入力画面で左下の[緊急]をタップ。キーパッドで[110(警察)][119(消防・救急)][118(海上での緊急通報)]を入力し、発信ボタンをタップします。

緊急電話

電話を受ける

ロック画面で電話を受ける

ロック画面

iPhoneのスリープ中に電話がかかってきたら、[スライドで応答]を右にスライドすると電話を受けることができます。

通話を拒否する場合は、iPhone本体のサイドボタンを2回押します。

電話に出られないときのオプション操作

着信拒否の設定方法

iPhone操作中に電話を受ける

操作中

iPhoneの操作中に電話がかかってきたら、応答ボタンをタップして電話に出ます。

通話を拒否する場合は、「通話終了ボタン」をタップするか、iPhone本体のサイドボタンを2回押します。

着信音・バイブを消す

ミーティング中など、音やバイブが鳴ると困る場面で電話がかかってきたときは、iPhone本体のサイドボタンまたはボリュームボタンを1回押すと、着信音やバイブを消すことができます。

着信音/通知音の設定方法

関連記事

標準アプリ

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る