Keepの使い方:写真や動画だけでなく、WordやExcelも保存できるLINEのストレージ機能

KeepとはLine上で使えるストレージ機能です。端末の容量を消費することなく、テキストやURL、画像、動画、音声メッセージ、Wordなどの文章ファイル、MP3などの音声ファイルなど、一般的なファイルであればたいていのものを保存できます。

トークを遡らずに内容を確認できるため、スケジュールや場所、メモしておきたいことなどを保存しておくのにも便利です。

Keepは基本的に、トークルームに送られてきたデータの保存を対象としますが、端末内にあるデータも保存することができます。

トークルームのデータをKeepに保存する

まずは長押し

長押し

受け取った写真やファイルなどをKeepに保存する場合は、まずは、保存したいデータを長押しします。

【Keep】をタップ

Keep

メニューが表示されるので、【Keep】をタップ。

保存する

長押しした内容の横にチェックマークが入ります。他にもKeepしたいものがあればチェックマークを付けて、最後に【保存】をタップしてください。ここでは例として、写真、PDF、WORDそしてテキストの4つをKeepしてみました。

保存

Keepしたデータを確認する(保存場所)

Keepに保存したデータは、自分のプロフィールから確認することができます。

プロフィールの【Keep】をタップ

友だちリストの自分のプロフィールをタップ。ポップアップが出てくるので、【Keep】をタップしてください。

プロフィール

データが一覧表示される

一覧表示

Keepに保存したデータが一覧表示されます。

画面上部にある【すべて】【写真】【テキスト】【ファイル】のタブを開けば、種類別の保存データを見ることができます。

ちなみに、動画は【写真】タブに、Word、Excel、PDFなどの文章ファイルや音声データは【ファイル】に区分されます。

ファイル名の変更はできない

Keepに保存したデータが増えてくると、各データのファイル名を変更して管理しやすくしたいところですが、今のところ、ファイル名の変更はできません。

データを探すときは、時間順に並んでいるデータをひたすら見ていくか、検索ボックスを使うか、または、画面右上の【・・・】から【サイズでソート】または【名前でソート】のいずれかの方法で探してみてください。

ソート

端末内のデータをKeepに保存する

iPhoneの場合

iOS版LINEでは、端末の「写真」アプリに保存されている写真や動画、そして、Keepに直接入力するテキストを保存することができます。

やり方は、Keep画面右上の【+】をタップし、テキスト/写真/動画を選択。

iPhone

Androidの場合

Android

Android版LINEでは、テキスト/写真/動画に加えて、Word、Excel、PDFなどの文章ファイルや音声ファイルなどもKeepに保存できます。

PCの場合

PC

PC版LINEもAndroid版と同じく、ほとんどのファイルをKeepに保存できます。

Keepのデータを友だちに送る

これまで説明してきたように、Keepは色々なデータを保存できあとから参照できますが、もちろん、Keepのデータを友だちに送ることもできます。

トーク画面から送る
トーク画面左下の【+】から【Keep】をタップ。

トーク画面
Keep

Keep画面が開くので、トークルームに送信したいデータにチェックマークを付けて、【決定】をタップします。

Keep画面から送る
自分のプロフィール画面からKeepを開き、右上の【・・・】をタップ。表示されるメニューから【トークに送信】を選択します。

Keep画面

送りたいデータにチェックマークを入れ、送信先を選択したうえで、右上の【送信】をタップしてください。

送信

送信された

完了

Keepのデータがトークルームに送信されました♪♪

Keepの保存期間と容量は?

Keepに保存できる容量は1GB。保存期間に制限はありません。ただし、50MBを超えるファイルの場合は、保存期間が30日間に制限されます。

機種変更をするとKeepのデータはどうなる?

Keepのデータは端末に依存するものではないので、機種変更をしてもデータが無くなることはありません。

Keepの内容は他人に知られてしまう?

Keepの内容が友だちに公開されることはありませんし、Keepしたことも相手に通知されません。

関連記事

友達とLINEする