新型iPhone SE 3(第3世代) 最新情報 これまでに分かっていること

今春に発売が見込まれるiPhone SE(第3世代)について、これまでの報道をまとめてみました。

発売時期

iPhone SE(第3世代)の発売時期について有力視されているのは2022年3月か4月です。これまでのところ、ミンチー・クオ氏をはじめ著名なアナリストや記者、調査会社などが、第3世代の発売時期を2022年の第一四半期あるいは上半期とみています。またこれらの予測は、歴代iPhone SEの発表・発売日とも合致しています。

モデル

発表日

予約開始日

発売日

第1世代

2016年3月21日

2016年3月24日

2016年3月31日

第2世代

2020年4月16日

2020年4月17日

2020年4月24日

デザイン

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

これまでの情報によれば、iPhone SE(第3世代)本体のデザインはiPhone 8をベースとしたもので、現行機種のiPhone SE(第2世代)とほぼ変わらないとみられます。画面サイズも変わらず4.7インチのまま。

一方、いくつかの報道では、2018年発売のiPhone XRに似たデザインで全面スクリーンになるとの噂も。しかしこれは、ミンチー・クオ氏が主張するように、次の次のモデル、つまりiPhone SE(第4世代)の可能性が高いと思われます。

iPhone SE(第4世代)は全面スクリーンに?

iPhone SE(第2世代)

image - tentechreview

iPhone SE(第4世代)についても、すでにいくつかの情報が出回っています。例えば、ミンチー・クオ氏は、4GBのRAMを搭載するより大きなサイズのモデルが2023年に発売されると述べています。またロス・ヤング氏は、iPhone SE(第4世代)の発売時期を2024年としたうえで、画面サイズは5.7インチもしくは6.1インチで、パンチホール型のフロントカメラを搭載する可能性があると予測しています。

さらに、著名リーカーのDylan(@dylandkt)氏によれば、2024年モデルのデザインはiPhone XRあるいはiPhone 11に似ているものの、ディスプレイの大きさは若干小さくなる可能性があるとのこと。またTouch IDは電源ボタンに内蔵されるとしています。

いずれにしても、iPhone SEの大きな変化は、今年のモデルではなく、その次になりそうです。

カラー

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

カラーバリエーションに関しては、今のところ、信憑性の高い情報はほとんど得られていないようです。iPhone SEのカラー展開は、初代が4色(シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド)、第2世代が3色(ブラック、ホワイト、(PRIDUCT)RED)と、他のiPhoneシリーズと比べてシンプルな傾向にあります。

iPhone SEでも今後、例えばiPhone 13や13 miniのように、ホワイトをスターライト、ブラックをミッドナイトなどと新たな名称で呼ぶ可能性はありますが、選択肢はやはりシンプルに3色から4色ほどにとどまるのかもしれません。

ディスプレイ

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

ディスプレイには、第2世代と同じく4.7インチのLCDディスプレイが採用されるものと予測されています。これまでのところ、アナリストのミンチー・クオ氏やロス・ヤング氏(Display Supply Chain Consultants社CEO)、Apple関連の情報サイトMacお宝鑑定団など、複数のソースが報じています。

チップ

チップには、iPhone 13シリーズと同じA15 Bionicが搭載されるものと予測されています。こうした予測は、Nikkei AsiaやMacお宝鑑定団など複数の情報源のほか、AppleがこれまでiPhone SEのチップには発売時点で最新のものを搭載してきたという過去の事実にも基づいています。

カメラ

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

カメラの性能・スペックについては、第2世代から大幅な変更はないようです。 背面カメラは第2世代と同じくシングルレンズで、12MP(f/1.8)の広角カメラを搭載。ただし中国メディアのMyDriversによると、イメージセンサーが新しくなり、今後は暗い場所でもきれいな写真が撮れる「ナイトモード」に対応する可能性があるとのこと。

一方、前面カメラも、12MPへのアップグレードを望む声が多いなか、やはりこれまでと変わらず7MP(f/2.2)のままとの見方が大多数のようです。

5G通信

第3世代はほぼ間違いなく5G(Sub-6帯)に対応するでしょう。ミンチー・クオ氏やロス・ヤング氏など複数のアナリストが予測しているほか、米Bloombergのマーク・ガーマン記者なども5G対応を主張しています。

Touch ID

iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第2世代)

これまで複数のメディアが報じているように、ディスプレイの大きさなど、第3世代のデザインが現行モデルとほぼ同じになる可能性が高いことからも、生体認証の方式は従来と同じくホームボタンを介したTouch IDになるとの見方が有力です。

ストレージ

ストレージのオプションについては、これまでのところ目立った情報はありません。現行の第2世代では、64GBと128GBの2モデルを展開しています。第3世代でもこの仕様を引き継ぎ、64GBと128GBの2つの容量になるのではないか、というのが大方の予想のようです。

発売当初、第2世代は64GB、128GB、256GBの3モデルを展開していましたが、昨年9月に256GBが終売となりました。これは、現在3つのオプション(64GB / 128GB / 256GB)を持つiPhone 12 miniへ、Appleがユーザーの買い替え需要を促す作戦なのではないかとみられています。

RAM

ミンチー・クオ氏によると、第3世代のメモリ(RAM)容量は、現行と同じ3GBになるとのこと。Appleは、すべてのiPhoneにおいてRAM容量を公表していませんが、一部のリーク情報から第2世代のRAMは3GBと推測されています。一方、中国メディアのGizChinaは、4GBにアップグレードされる可能性もあると伝えています。

バッテリ

Appleは通常、バッテリの容量を非公表としていますが、ユーザーなどによるパフォーマンステストの結果、これまでのところ、第1世代は1,624mAh、第2世代は1,821mAhと推測されています。

当然ながら第3世代は、高性能なチップや5G通信への移行など、これまで以上に電力を消費するものと予測されます。こうした可能性を考慮に入れると、複数のメディアが伝えているとおり、次世代のバッテリは現行モデルを上回るサイズへ増量すると考えるのが妥当といえるでしょう。

価格

現時点で、価格に関する有力な情報は得られていないようです。大方の予想では従来と変わらず安価な価格設定になるものとみられています。一方で、5Gに対応しA15 Bionicも搭載されるとなると若干の値上がりもやむ得ないと予測するメディアもあります。

現在、iPhone SE(第2世代)の価格は、64GBモデルが49,800円(税込)、128GBモデルが55,800円(税込)です。

関連記事

最新情報



上へ戻る