iOS 16で復活!バッテリー残量をパーセント表示する方法

iOS 16では、iPhone X以降のFace ID搭載機種で廃止されていた、ステータスバーにバッテリー残量をパーセントで表示する機能が復活しました。

パーセント表示の非対応機種

アップルによると、ステータスバーにバッテリー残量をパーセント表示する機能は、以下の機種では非対応です。

・iPhone 13 mini
・iPhone 12 mini
・iPhone 11
・iPhone XR

設定アプリから「バッテリー残量(%)」をオンにする

ホーム画面から[設定] > [バッテリー]の順にタップして、[バッテリー残量(%)]のスイッチをオン(緑色)にします。

バッテリー残量(%)

画面右上のバッテリーアイコンに、バッテリー残量がパーセント表示されます。

パーセント表示
パーセント表示オンとオフのアイコンの違い
アイコンの違い

バッテリー残量のパーセント表示をオンにすると、オフ時に変化していたアイコンの残量メーターは変化しなくなります。iPhone SEなどのホームボタン搭載機種でパーセント表示をオンにすると、パーセント表示と残量メーター表示の両方が有効になりますが、Face ID搭載機種では、どちらか一方しか有効になりません。

コントロールセンターで確認する

設定アプリで「バッテリー残量(%)」をオフにしていても、コントロールセンターを開ければパーセント表示を確認できます。

コントロールセンターを開く

ホーム画面

画面右上の端あたりから下にスワイプしてコントロールセンターを開きます。

パーセント表示を確認する

コントロールセンターの右上に、バッテリー残量のパーセント表示と残量メーターのアイコンの両方が表示されます。

コントロールセンター

ウィジェットで確認する

パーセント表示は、ウィジェットからも確認できます。ホーム画面にバッテリーウィジェットを配置することで、一目でバッテリー残量を確認できるようになります。

ウィジェットの使い方・設定方法

ホーム画面を長押しして[+]をタップする

ホーム画面を長押しして編集モードにし、画面上部の[+]をタップします。アプリとアプリの隙間など、なにも表示されていない部分を長押しすれば編集モードに切り替わります。

画面編集モード

「バッテリー」をタップする

バッテリーをタップする

追加可能なウィジェットの一覧が表示されるので、[バッテリー]をタップします。

「ウィジェットを追加」をタップする

ウィジェットを追加

ウィジェットは最大3つのサイズ(大中小)から選択できます。左右にスワイプして好きなサイズを選択し、[ウィジェットを追加]をタップします。

大サイズと中サイズのウィジェットでは、AirPodsなど、iPhoneにBluetooth接続した機器のバッテリー残量も表示させることができます。

ウィジェットが追加される

ホーム画面にウィジェットが追加されます。この状態で、ウィジェットを長押ししたまま任意の場所にドラッグすると、ウィジェットの配置を変更できます。最後に、[完了]をタップするか、ホーム画面の何もない所をタップして、編集モードを完了します。

ウィジェット追加完了

関連記事

iPhone 14 / 13シリーズ

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る