iPhone12:バッテリー残量をパーセント(%)で表示する2つの方法

iPhone 12(mini / Pro / Pro Max)、iPhone 11、iPhone Xでは、ステータスバーにバッテリ残量をパーセントで表示することができません。ステータスバーの中央に「センサーハウジング」と呼ばれる切り欠きが設けられ、表示領域がぐっと狭くなったためです。「設定」アプリの「バッテリー」の中に、iPhone 8以前の機種にはある「バッテリー残量 (%)」の項目はありません。

しかし、ステータスバーからは確認できないものの、他の方法でパーセント表示を確認することができます。

ステータスバー

コントロールセンターで確認する

コントロールセンターを開く

ホーム画面

iPhone 12(mini / Pro / Pro Max)、iPhone 11、iPhone Xでは、コントロールセンターの開き方も異なります。画面右上の端あたりから下にスワイプすることで、コントロールセンターを開きます。

パーセント表示を確認する

コントロールセンターには、バッテリー残量のパーセント表示のほか、通常の画面では表示されないキャリアロゴ、Bluetooth、画面回転ロック、おやすみモードなどのアイコンも表示されます。

コントロールセンター

ウィジェットで確認する

パーセント表示は、ウィジェットからも確認できます。ホーム画面にバッテリーウィジェットを配置することで、一目でバッテリー残量を確認できるようになります。

iOS 14:ウィジェットの使い方・設定方法

ホーム画面を長押しして[+]をタップする

ホーム画面を長押しして編集モードにし、画面上部の[+]をタップします。iOS 14からアプリを長押ししなくても、アプリとアプリの隙間など、なにも表示されていない部分を長押しすれば編集モードに切り替わるようになりました。

画面編集モード

「バッテリー」をタップする

バッテリーをタップする

追加可能なウィジェットの一覧が表示されるので、[バッテリー]をタップします。

「ウィジェットを追加」をタップする

ウィジェットを追加

ウィジェットは最大3つのサイズ(大中小)から選択できます。左右にスワイプして好きなサイズを選択し、[ウィジェットを追加]をタップします。

大サイズと中サイズのウィジェットでは、AirPodsなど、iPhoneにBluetooth接続した機器のバッテリー残量も表示させることができます。

ウィジェットが追加される

ホーム画面にウィジェットが追加されます。この状態で、ウィジェットを長押ししたまま任意の場所にドラッグすると、ウィジェットの配置を変更できます。最後に、[完了]をタップするか、ホーム画面の何もない所をタップして、編集モードを完了します。

ウィジェット追加完了

関連記事

iPhone 12 / 11シリーズ

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る