意外に多機能な標準搭載アプリ「コンパス」を使いこなす

iOSには、地図とは別に方向を表示してくれる「コンパス」アプリが搭載されています。ただの方位磁石代わりのアプリと言うだけではなく、地面の傾きなどを調べることが出来る水準器としての機能も備えられています。一見地味な機能のようにも思われますが、使い方を把握しておくことで便利に活用することができます。

コンパスを起動する

普段使用する機会の少ないコンパスですが、ホーム画面の「ユーティリティ」の中に入っています。

十字カーソルを水平器に合わせる

位置情報の使用を許可する

コンパスを起動する

コンパスを起動後、位置情報の使用を求める画面が表示されたら【許可】を選択します。

これにより、コンパス上に現在地の緯度・経度が表示されるようになります。

位置情報サービスをオフに設定している場合

位置情報をオフに設定している場合は、ホーム画面の【設定】アプリを開き、【プライバシー】>【位置情報サービス】の中にある【位置情報サービス】のスイッチをオンにします。そのうえで、コンパスの欄に【許可しない】と表示されている場合は、【このAppの使用中のみ許可】を選択してください。

コンパスで位置情報の利用を許可する

調整画面

コンパスを起動する

「コンパス」アプリを起動すると、最初に調整画面が表示されます。画面を傾けていき、赤いボールが円を添うように転がしていきましょう。

コンパスで方向を調べる

十字カーソルを水平器に合わせる

「コンパス」は、画面の上が現在向いている方角というシンプルなものですが、正しい方角を知るには正しく使う必要があります。円に十字が書かれたものが表示されていますので、それを中央の十字カーソルに合うようにバランスをとります。

十字カーソルを水平器に合わせる
イアパッドなどの使用中は注意

「コンパス」アプリは、環境など磁気的なものに影響が受けやすくなっています。たとえば、iPhoneに付属しているイアパッド(EarPods)に使われている磁石にも影響を受ける場合があるため、「コンパス」を利用するときは本体から外したほうがより正確な方向を表示することができます。

方向をロックする

方向をロックする

方角を決定した後に画面をタップすると、その方向をロックすることができます。ロックした方向からずれると、赤い帯状のものが表示されどれぐらいずれているかがわかるようになっています。

ロックした方向は、ふたたび画面をタップすることで解除することができます。

真北と磁北の違い
真北と磁北の違い

"北の方向"を指すとひとことでいっても、その北には「真北」と「磁北」などいくつかの種類が存在します。

「真北」とは、北極点を示す方向を指します。「磁北」は、方位磁石が示す北の方向のことを指します。ほとんどの場所で「真北」と「磁北」にずれが生じるため、通常は「真北」を使用するようにしておいた方が良いでしょう。

iOSで「真北」を使用するには、【設定】>【コンパス】の中の【真北を使用】のスイッチをオンにしておきます。

水平器で地面の角度を調べる

水準器に切り替える

「コンパス」アプリのもうひとつの機能として、水準器として利用することができます。通常のコンパス画面から水準器に切り替えるには、画面をスワイプします。

水準器に切り替える

水平からのずれを調べる

iPhoneの画面を上に向けて、水平においた状態でのずれが黒地で表示されます。完全に水平の状態の場合は、画面が緑色になります。

水平からのずれを調べる

相対的な傾きを調べる

相対的な傾きを調べる

特定の傾きを表示した後に画面をタップするとロックすることができます。さらに画面を傾けると、ロックした角度からの相対的な傾きが赤地で表示されます。

本体を横にして角度を調べる

本体を横にして水平器を利用する

iPhoneの本体を横向きにして角度を調べることも可能です。こちらも水平の場合は画面が緑字で表示されます。

本体を横にして水平器を利用する

相対的な傾きを調べる

元々傾いている場所を起点として、どれぐらいずれているか調べたいときは、まず起点となる場所の角度を表示した後に画面をタップします。すると、その角度が起点となり、どれぐらい傾いているか赤地で表示されます。

ふたたび画面をタップすると、ロックを解除することができます。

相対的な傾きを調べる

関連記事

標準アプリ

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る