標準カメラ:パノラマ撮影機能

iPhoneには、風景などをワイドに撮影する「パノラマ撮影」機能が備わっています。

パノラマ撮影モードに切り替える

「カメラ」アプリを起動します。撮影画面を左にスワイプして、パノラマ撮影画面に切り替えます。

パノラマ撮影モード

撮影の方向性を選択する

本体を縦に構えた状態では、初期状態として撮影始点の画像が左端に、そしてそこから右に視野を拡張していく設定になっています。 これ以外の方法は無いように思ってしまいがちですが、この方向性は変更できます。

『左から右』撮影から『右から左』撮影に

縦画面状態で矢印をタップすれば、水平パノラマ撮影の方向をスイッチできます。

方向性のスイッチ

『上から下』撮影から『下から上』撮影に

本体を横画面状態にすると、上下パノラマ撮影ができます。こちらも、矢印タップで撮影始点と移動方向をスイッチできます。

方向性のスイッチ

撮影する

始点から撮影開始

撮影開始

パノラマ写真の始点と方向性を決定したら、始点で撮影ボタンを押します。

カメラを動かす(パンする)

パンする

矢印の方向に、ゆっくりと、できる限り直線的にカメラ(iPhone)をパンします。

撮影を終了する

撮影終了

視点を動かしていき、パノラマに収めたい景色の終点に至ったら、もう一度撮影ボタンをタップして、終了します。

パノラマ写真の保存場所

保存

撮影したパノラマ写真は、カメラロール及びパノラマに保存されます。この「パノラマ」に保存される写真は、iPhoneが自動で判定します。

パノラマ写真

こんな感じに出来上がります。

パノラマ写真

関連記事

標準アプリ

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る