標準搭載アプリ「カメラ」のタイマー撮影モード

一般的なデジタルカメラではすっかりおなじみの「タイマー撮影」機能ですが、iOS 8からiPhoneのカメラにも同機能が加わりました。タイマーの設定は3秒と10秒から選択。それに加えて、撮影時はバーストモードで10枚の連射撮影をしてくれるため、その中からベストショットを選ぶことができます。


カメラを起動する

カメラを起動する

カメラのアプリを起動し、画面上部のタイマーボタンをタップします。

タイマーの秒数を設定する

タイマーの秒数を設定する

次に、タイマーの秒数を設定します。ここでは例として10秒に設定するため、【10秒】をタップします。

シャッターボタンをタップする

シャッターボタンをタップする

これでタイマー撮影の準備が整いました。あとは構図を合わせてシャッターボタンを押しましょう。

カウントダウンの開始

カウントダウンの開始

シャッターボタンを押すと、右下に撮影開始までのカウントダウンが表示されます。

対応機種ではバーストモードで撮影

iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5sなど、バーストモードに対応した機種では10枚の連写で撮影されます。それ以外の機種では、1枚のみの撮影となります。

撮影完了

撮影完了

撮影が終わったら写真を確認してみましょう。

関連記事

標準アプリ

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る