iPhone 5s、最も売れたモデルはスペースグレイ、iPhone 5cはブルーが一番人気

米国の調査会社、コンシューマー・インテリジェンス・リサーチ・パートナーズ(CIRP)が発表した新型iPhoneの色の好みに関する最新の調査によると、米国の消費者の間で最も人気のあるiPhone 5sのカラーはスペースグレイであるとのこと。ゴールドとシルバーが入手困難な状況が続いていることを考えれば、さほど驚く結果ではないかもしれません。Mac Rumorsが伝えています。

現在までに販売されたiPhone 5sを色の割合で見てみると、スペースグレイは43%、シルバーは30%、ゴールドは27%となっています。過去には、消費者はブラックをより好む傾向を示していました。

iPhone 5cではブルーが27%と最も人気が高く、僅差でホワイトが25%、次いでグリーンが21%、ピンクが20%となっています。イエローは最も人気が低く、発売1か月後の調査では、イエローを選択した消費者はわずか7%でした。

iPhone 5s:性別ごとの内訳

性別ごとの内訳をみると、iPhone 5sは、女性にはシルバー、男性にはスペースグレイが人気。ゴールドは男女とも同じ割合。iPhone 5cは、男性にはホワイトとブルー、女性にはピンクが人気のようです。

iPhone 5c:性別ごとの内訳

CIRPの共同創業者マイク・レヴィン氏は、「iPhone 5sとiPhone 5cのカラーの好みは、従来の好みの性差にならうものだったようだ。男性は、iPhone 5cでは中間的なホワイトを、iPhone 5sではスペースグレイを好み、対照的に女性は、5sではより明るいシルバーを、5cでも明るめの色を好んでいる。調査対象の女性たちを含め、誰1人といってよいほどイエローのiPhone 5cを欲しがる人はいなかった」と述べています。

iPhone 5sは入手困難な状態が続いているため、CIRPのデータは消費者の好みを十分に反映しているとはいえません。消費者がゴールドを欲しいと思っても、在庫が切れていれば別の色を選ぶ可能性もあるからです。一方のiPhone 5cは、発売以降十分な供給が維持されているため、データはより正確であるといえます。

関連記事

最新情報



上へ戻る