iPhoneユーザー:2割はアンドロイドからの乗り換え組、サムスンユーザーより高収入・高学歴 - 米調査会社

米国のコンシューマー・インテリジェンス・リサーチ・パートナーズ(Consumer Intelligence Research Partners、CIRP)が発表した最新の調査から、iPhoneユーザーの20%は、過去1年以内にAndroidから移行したユーザーであることが明らかになりました。一方で、サムスンのユーザーのうち7%は、以前はiPhoneのユーザーだったことが示されています。米国のFortuneが伝えています。

CIRPの調査は、アップルとサムスンが「どこ」から顧客を獲得しているかについて、これまでになく詳細に調査しています。主な結果は以下の通りです(調査期間は2012年7月~2013年6月)。

•米国のiPhoneの顧客のうち42%は既存のiPhoneからアップグレードした人。

•サムスンの顧客のうち43%は以前もAndroidを所有していた人。ただしサムスンの製品ではなかった人も含まれる。

•いわゆるフィーチャーフォンからスマートフォンに初めて変更した顧客の割合は、サムスンが37%であるのに対しアップルは26%。

•メーカーを変えた顧客のうち、アップルがサムスンから奪った顧客(33%)はサムスンがアップルから奪った顧客(11%)の3倍。

•メーカーを変えた顧客について、サムスンはHTC、モトローラ、ノキアから多くの顧客を獲得しており、一方アップルはブラックベリーから多くを獲得している。

調査は、アップルの顧客がサムスンの顧客よりも収入が多く、教育水準も高い傾向があることを示す人口統計データも集計しています。また、iPhoneの顧客はサムスンの顧客より若い人が多い傾向にあることも明らかになっています。

調査方法:2012年7月から2013年6月。米国のスマートフォン購入者を四半期ごとに調査。最近90日以内に携帯電話を購入した人500人を対象とする。

関連記事

最新情報



上へ戻る