iOS 7 対 iOS 6、ユーザーの支持を集めたのはどっち? - 各アイコンをアンケート調査

アップルは今月10日、外観を一新した新しいモバイルOS、iOS 7を発表しました。デザインの専門家からはさっそく、新しいプラットフォームに対する批判が寄せられています。しかし、米国のPolarが今週行っている一連の投票からは、多くのユーザーが古いアイコンよりも新しいアイコンの方を好んでいることが、明らかになったようです。米国のLos Angeles Timesが伝えています。

オンライン投票サイトのPolarは今週、iOS 7とiOS 6のアイコンのどちらを好むか、比較する投票を行っています。これまでのところ、約289,000の投票数のうち、iOS 7が66%を獲得し、比較された26のアイコンのうち20のアイコンでより多く投票されています。iTunes、天気、コンパス、電話アプリなどはiOS 7のアイコンがiOS 6に圧勝しています。

Polarの親会社、Input Factoryの最高責任者であるルーク・ウロボレウスキー氏は「投票からわかることは、新しいアイコンは古いアイコンより改善されているということです。ただあくまでアイコンを比較した場合の話であって、OS全体の使用感などはまた別です」と述べています。

アップルは、iOS 7を今秋にリリースする予定で、現在は開発者のみがβ版にアクセスできます。ですから、アップルはまだそれらを変更する時間があります。

これまでの投票をみると、Game Center、Safari、カメラアプリなど、iOS 6の方が得票が上回っているアイコンについては、アップルは変更を検討した方が良いかもしれません。

■iOS 7が圧勝したアイコン

時計 - 84%

電話 - 81%

音楽 - 75%

メッセージ - 83%

天気 - 77%

カレンダー - 73%

App Store - 74%

iTunes - 78%

ビデオ - 75%

Facetime - 71%

コンパス - 80%

メール - 72%

■iOS 6得票率ベスト3

Safari - 62%

カメラ - 61%

Game Center - 56%

参照:Next Web

関連記事

最新情報



上へ戻る