WWDC 2014を大予測 - 米Mac Rumors

米国のMac Rumorsが、WWDC 2014で公開されるであろう新製品およびソフトウェアを予測しています。

期待できること

毎年恒例となっているアップル主催によるワールドワイドデベロッパーズカンファレンス(WWDC)。今年2014年は6月2~6日、カリフォルニア州サンフランシスコにあるモスコーンウェストコンベンションセンターにて開催されます。WWDCは開発者向けのワークショップがメーンのイベントで、アップルはWWDCで、新しいOSのアップグレードや新製品をデビューさせることが慣例です。

WWDCの初日は、アップルの基調講演で始まるのが慣わしですが、ここでOSのアップデートに関する情報、新サービス、新製品が披露されます。

アップルは今年、iOS 8およびOS X 10.10を、秋リリースに先立って公開するのではないかと期待されており、開発者らの皆さんは、このOSのベータ版を事前に入手し、自身の新アプリの開発に取り組むことができます。一般公開はその後というわけです。

2014年も複数の新製品が発表される予定ですが、これらも基調講演にて発表される可能性があります。12インチRetinaモデルのMacBook、Mac Mini、アップデートされたアップルTVのセットトップボックス、そしてあのiWatchまでもがお目見えするかもしれません。WWDCが近づくにつれ、これらの詳細も明らかになってくることでしょう。

期待されるソフトウェアのアップデート

iOS 8

Healthbook, image - MacRumors

今のところiOS 8に関する情報はほとんどありません。しかしiOS 7で大きく変更が加えられたビジュアル面でのアップデートがさらに洗練され、いくつかの新しい機能が加わると見られています。

Siriおよびマップの改良が、iOS 8の主な特徴となると言われています。フィットネスと健康に関する情報を集める「Healthbook」というアプリの追加も噂されています。また、Siriがサードパーティのアプリと統合されたり、マップに公共交通機関情報が追加されるかもしれません。

アップルはまた、新しいモバイル支払いシステムを用意していることも示唆しています。これはiPhone 5sで初めて導入されたTouch IDの機能を生かしたものとなりそうです。

OS X 10.10

iOS 8のことで分かっている情報は少ないですが、それに輪をかけてOS X 10.10に関する情報は少ないです。そもそもアップルがこのOSを準備しているかどうかすら不明です。しかしOS X Marvericksにおいてユーザーインターフェースの変化がほとんどなかったことからして、OS X 10.10では見た目の大きな改良が加わるかもしれません。

9to5Macの1月のレポートでは、インターフェースが「よりフラット」になると指摘されていましたが、iOS 7の大刷新に比べれば、それほど大胆な変化とは言えないでしょう。

発表されるかもしれない新製品

12インチMacBook

アップルは、Retinaディスプレイ搭載の12インチMacBookのアップデートに着手していると言われています。これは現行のMacBook Airよりもスリムになると噂されていますが、これがアップルのMacBook Airのラインナップに加わるかどうか、また独自のカテゴリーを持つようになるか、今のところ不明です。

KGI証券のアナリストであるミンチー・クオ氏によると、12インチMacBookは、11インチMacBook Airの携帯性と、13インチのMacBook Airの生産性を兼ね備えるとのことです。コンパクトかつスリムな構造ながら、高解像度ディスプレイを備えるモデルとなりそうです。

さらに噂によると、ボタン無しのトラックパッドのデザイン、ファン無しの消音モデルがささやかれております。台湾のDigitimesは、アップルが、RetinaモデルのMacBook Airを2014年内にリリースするとしていますが、これが以前の噂にあった12インチモデルのことなのか、アップデートされる11および13インチのRetinaバージョンのことなのか明らかにしていません。

しかしMacBook Airが出て一年ほどが経過したことになり、WWDCにて、そのアップデート版もしくは噂の12インチMacBookが披露されると考えるのは、あながち的外れではありません。

Mac mini

アップルのMac miniは、2012年10月のリフレッシュを最後とし、長らくアップデートが待たれているモデルです。アップルの計画は不明ですが、もしあらためてリフレッシュがあるとすれば、Iris統合グラフィックスを備えたHaswellプロセッサー、802.11acのWifiサポートを備えるかもしれません。

アップル TV

アップルTVのセットトップボックスも開発中との噂です。これはiOSゲームおよびApp Storeを完全サポートすると言われています。そもそもは今年4月にリリースされると指摘されていましたが、遅延している模様で、WWDCで初登場するのではとの見方が出ています。

ゲームおよびiOS 7コントローラー向けのサポートに並んで、このセットトップボックスは、iPhone 5sや現行iPadに採用されているA7チップのようなプロセッサーを搭載すると見られています。またコンテンツ面でも、アップルは、タイムワーナー社やComcast社との提携を進めており、充実したコンテンツを視聴することができるかもしれません。

iWatch

image - Todd Hamilton

アップルは昨年のWWDCで、大胆に再デザイン化されたMac Proを発表しましたが、今年は、長らく噂されているiWatchの姿が見られる可能性はかなり少ない模様です。

iWatchは、アップルの従業員で、健康・フィットネス部門に所属する人々の話によると、健康関連のセンサーと機能を備え、市場に出回る多くの標準的なフィットネスデバイス同様、歩数、睡眠の質、消費カロリーのチェック、また心拍数や水和モニターのような進化した機能も含むと言われております。

iWatchは、健康およびフィットネス関連の機能に加え、iPhoneやiOSデバイスとの統合も視野に収められており、ユーザーは、通知やメッセージを受け取ったり、Siriによって多様な機能にアクセスできるようになりそうです。

アップルの従業員はいくつかありそうなiWatchの性能について語っていますが、デバイス自体については何も分かっていません。デザインのリークは一切なく、そのウェアラブルデバイスがどのようなものとなるか、全くの不明です。リリース日も最近いくつかの情報がパラパラと出てきましたが、信用に足るものかどうかは釈然としません。さて、今年のWWDCで待望のiWatchはデビューを飾るのでしょうか?

関連記事

最新情報



上へ戻る