私がiPhoneをやめて、アンドロイドを使うようになった理由

私は二年間iPhoneを使ったあと、変化を求めていました。アップルのモバイルOSではなく、Googleのそれを選択した理由をここに記します。あらかじめことわっておきますが、アンドロイドの方がiOSよりも優れていると言いたいわけではありません...。

米国のPC Magazineが、iPhoneではなくアンドロイド系スマートフォン使うようになった、同社の準アナリストであるユージーン・キム氏の体験および意見を伝えております。

私は2010年の夏、ソニーのEricsson W810からiPhone 4に、自分のモバイルをアップグレードしました。それは私にとって初めてのスマホで、以来二年間ほとんど手元を離れることはありませんでした。しかし二年というのは長い期間です。ハイテク関連の世界では特にそうです。アップルがiPhone 5をリリースした頃は、そろそろまたアップグレードしようかと思っていました。

ありとあらゆる意味で、iPhone 5は薄く、軽く、より良くなっていました。ただ唯一の問題は、より良いものとはいえ、同じものはもう欲しくないと、私自身が思っていたことでした。それに、アップルのワンサイズのみというアプローチに飽きてもいました。私には変化の準備ができていました。

じゅうぶん熟慮したあげく、畏敬に値するiPhone 4の代わりに、私はHTC One X+を買うことに決めました。あまり細かいことは書きませんが、そのデザイン、最高品質のLCD、高いスペック、十分な内部記憶容量、そしてアンドロイド4.1「ジェリービーン」搭載という事実に、私は引き寄せられたのでした。

ここで私が言いたいのは、マーケティング用のトリビアではありません。NFC(近距離通信)やワイヤレス充電のような、最新最強の特徴紹介でもありません。これは選択の問題です。One X+は、私がスマホに求めているベストのものをもっていました。アップルがベストと考える以上のものがそこにはあったのです。

なぜ私は乗り換えたのか?
iOSよりもアンドロイドを選択する理由はたくさんあります。その逆もまた真なりです。理由は人それぞれです。私にとっては、カスタマイズのし易さがポイントでした。またそのフォンをどれだけ好きになれるかも大切でした。最新のROM(読み出し専用メモリ)のことではなく、ホームスクリーンやロックスクリーンのカスタマイズ、デフォルトのアプリの関連付けなど、簡単なことです。

アップルの場合、脱獄(ジェイルブレイク)を別にすれば、何もかもアップルの流儀に従わざるを得ません。アンドロイドの場合は、アイコンを修正したり、背景イメージを変更するにとどまらず色々なことが可能です。天気予報やカレンダーが真正面にあるウィジェットは大変便利です。これこそスマホをもつメリットではないでしょうか。

もしウィジェットを使っていない人がいるとすれば、その人はまだデザインを自分で簡単に変えることができるたくさんのアプリを試していないのでしょう。URLをクリックする際、デフォルトのブラウザの代わりにChromeが立ち上がるように、私は設定することができました。またテキストメッセージを送ることから、文書作成用のキーボードに至るまで、サードパーティーのアプリを使えるようにしました。

注意いただきたいのは、アンドロイドのユーザーは、Chromeという選択肢もあるということ。iPhoneで提供されているSafariを使わねばならない必然性はありません。

その上、異なるアプリが連動しながら良い仕事をします。アンドロイド上のブラウザであれば何であれ、そこにある記事を、アンドロイドのシェアボタンを使えば、ほとんどのアプリ内に保存できます。

私はまた、GmailからDriveにいたる、Googleのサービスにも惹かれています。勿論これらはiPhone上でも使えますが、YouTubeやGoogleマップはアンドロイド上だと遅延なく動くことは皆さんよくご存知でしょう。プライバシーの懸念を置くとすれば、Google Nowも素晴らしいです。ちょっとコワい面もなきにしもあらずですが、私は日々使っています。

問題のあるところ?
ちょっと問題だなと思う点で最大のものは、アンドロイドOSとはあまり関係がありません。むしろ問題は、最近のトレンドである超大型化したアンドロイドスマホのサイズにあります。

HTC One X+は4.7インチの大型スクリーンで、スクリーンの端まで手が届かないほど大きくなっています。万人に大型スクリーンが向いているとは思いませんが、その利点は、使用上の懸念をはるかに上回ると、私は考えています。確かにiPhone 5は4インチスクリーンで、指が届かないというような使い心地の悪さを感じることはまずないでしょう。

しかし私は、大型スクリーンに付随するちょっと変な感覚をすぐに克服しました。今では縦長4インチのiPhone 5のスクリーンこそ小さすぎるように感じています。0.7インチの差は、案外大きいものです。デスクトップ用サイトとモバイル用サイトを見比べればよく分かります。

また長い旅行の間に、デバイスで映画をまるまる一本観るような場合も、その差の大きさを痛感します。私はこれまで以上に、今のスマホをよく使うようになっています。その一番の理由が、スクリーンの大きさにあるのです。

あなたの友達や家族で、iPhoneを使う人は何人いますか?結構いるのではないでしょうか。私の場合、私をのぞく全員がiPhoneを使っています。なので話は少し複雑になっています。テキストメッセージを送るのがやや面倒なのです。iPhoneのユーザーであれば誰でも、iMessageを使います。

MMSメッセージを上手にグループ化して、小さなグループチャットにまとめます。当たり前と思われている特徴ですが、これがちょっとしたフラストレーションの元でした。Googleがほとんどあらゆることに解答を用意していることに気付くまでは...。

Googleと言っても、会社としてのGoogleではなく、Google検索のことです。アンドロイドフォンで問題が発生しましたか?Googleで検索すればOKです。ほとんどの場合、あなたの問題を解決する方法およびアプリを見つけることができます。私は、サードパーティーのテキストアプリGoSMS Proで解決しました。iMessageを羨むこともなくなったのです。とはいえiMessageなみの滑らかさと洗練があるかと言えば、そうではありません。しかし同じグループテキストを、とりあえず作成できるようになったのでした。

アンドロイドは、万人向きではありません。私も、最初はiPhone 5をお奨めするのがほとんどです。しかし、もしいくらかの時間と労力を使う気があるのであれば、自分の好きなようにカスタマイズできるフォンを持つことができます。いつでも好きなときに、好きなようにフォンの見映えやフィールを大胆に変えるオプションがあります。

iPhone 5はたいていの人々にとってベストなフォンと言えますが、万人にとってのベストではありません。そういうわけで私はiPhoneからアンドロイドへの乗り換えを決意し、今では4か月が経過しましたが、まったく後悔していません。

関連記事

最新情報



上へ戻る