ドコモ、「2年縛り」に自動更新なしの新プラン au、ソフトバンクも追随

NHKニュースは12日、ドコモが今夏をメドに「2年縛り」の内容を見直し、契約から2年を過ぎた後は違約金なしでいつでも解約できるプランを導入する方針を固めたと伝えました。

報道によると、ドコモが新たに追加するプランは自動更新がない代わりに、月額料金が数百円程度高くなるというもので、自動更新があるプランより割高になります。

一方、同じ内容の報道は日本経済新聞も12日の記事で伝えており、それによると、ソフトバンクとauも追随する方針だということです。

2年縛りに関しては、利用者からの苦情が多く、総務省が昨年来、見直しを要求しています。携帯3社はあらたに別プランを用意することで、これらの批判をかわす狙いのようですが、2年も後のことを契約時に選択しなければならないというのは、これまた利用者にとって難しいものになるのではないでしょうか。

関連記事

最新情報



上へ戻る