ソフトバンク、SIMロック解除の受付条件を緩和 「解約後90日以内」撤廃 中古端末も解除可能に

ソフトバンクは21日、SIMロック解除の受付条件を一部変更しました。これまで「解約後90日以内」としてきた受付条件を撤廃したほか、中古で購入した端末や知人などから譲渡された端末でもSIMロック解除ができるようになりました。

回線契約を解約した端末や中古で購入するなどした端末は、ソフトバンクショップでSIMロック解除の手続きを行えます。ワイモバイル端末の場合は、ワイモバイルショップでの手続きとなります。手続きには本人確認書類のほか、手数料3,000円が必要です。

【公式】ソフトバンクの製品でSIMロック解除を行う場合のお手続き

SIMロック解除の受付条件

8月21日以降のSIMロック解除の受付条件は以下の通りです。

・2015年5月以降に発売された機種であること。

・購入日から101日目以降であること。一括購入または清算済みの場合は購入日から100日以内でも受付可能。

・2017年12月1日以降に機種変更前の対象回線でSIMロック解除を行ったことがある場合、前回のSIMロック解除受付日から101日目以降であること。

・ネットワーク利用制限が課されていないこと。

・安心遠隔ロックなど製品の機能を制限するサービスを利用の場合、これらのサービスを解除していること。

関連記事

最新情報



上へ戻る