TeachMe iPhone  >   iPhone  >   カメラ

ポートレート写真のぼかし効果を調整する「深度コントロール」の使い方

iPhone XS以降の機種では、「被写界深度コントロールスライダ」を使用して、ポートレート写真のぼかし効果を調整することができます。

ポートレート

被写界深度はf1.4からf16の間で調整可能。初期値は4.5(機種により2.8)。

被写界深度コントロールの対応機種

・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone SE(第2世代)
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone XR

ぼかし効果を調整して撮影する

ポートレートに切り替える

撮影画面

カメラを起動後、画面を左にスワイプして、ポートレートに切り替えます。

4通りあるカメラの起動方法

[ f ]をタップする

f値

右上の[ f ]ボタンをタップします。

ぼかし効果を調整する

深度コントロールスライダ

シャッターの上に深度コントロールスライダが現れます。スライダを左右にドラッグすることで、背景のぼかし効果(被写界深度)を調整できます。

スライダを左にドラッグするとぼかし効果は弱くなります。

前面カメラでも深度コントロールが可能
セルフィー

ポートレートモードの深度コントロールは、背面カメラのみならず、前面カメラ(セルフィー)でも利用できます。

撮影する

シャッター

ぼかし効果を調整したら、あとはシャッターボタンをタップするのみです。撮影した写真は「写真」アプリに保存されます。

撮影済み写真のぼかし効果を編集する

ポートレートで撮影した写真は、撮影後でも、ぼかし効果を編集することができます。

編集する写真を開く

[写真]アプリを開き、ぼかし効果を編集したい写真をタップします。

写真アプリ

[編集]をタップする

編集

[編集]をタップします。

ぼかし効果を調整する

深度コントロールスライダ

被写界深度コントロールスライダが表示されるので、スライダを左右にドラッグして、ぼかし効果を調整してください。

写真を保存する

画面右下の[✓]をタップすれば、新たに設定したf値で写真が保存されます。

保存
撮影時のf値に戻す場合

撮影後にf値を変更した写真は、写真アプリの「編集」から、再度元のf値に戻ることが可能です。

元に戻す

関連記事



上へ戻る