カレンダーを同期する(iCloud、Google、CalDAV)

iPhoneのカレンダーアプリは、iCloudを通じてiPhone、iPad、iPodと同期できるほか、MacやWindows(Outlook)、ウェブアプリケーションのGoogleカレンダーとも同期が可能です。どのデバイスからカレンダーに変更を加えても、情報はリアルタイムで反映され各デバイスで共有されます。

また、iPhoneのカレンダーはCalDAVに対応しているので、Yahooカレンダーなどとも同期することができます。

ここでは、iCloudカレンダー、Googleカレンダー、CalDAVを利用したカレンダーの同期方法をご紹介します。

iCloudカレンダーを他人と共有する


iCloudのカレンダーを同期する

iCloudでカレンダーを同期してみましょう。iPhone、iPad、Mac、Windows(Outlook)など、各端末で同じカレンダーを共有することができます。

iCloudの設定方法


【設定】を呼び出す

ホーム画面

ホーム画面の【設定】を開きます。

カレンダーをオンにする

【iCloud】をタップして、【カレンダー】をオンにします。

iCloud

【カレンダー】を呼び出す

ホーム画面

ホーム画面の【カレンダー】を開きましょう。

同期を確認する

画面下の【カレンダー】を開きます。iCloudの同期したい項目にチェックを打ち【完了】をタップすると同期が完了します。

カレンダー

Googleカレンダーを同期する

Googleアカウントを持っている人は、iPhoneのカレンダーと同期してみましょう。iPhoneでGoogleカレンダーの閲覧や編集ができるようになります。

アカウントを追加する

ホーム画面から【設定】>【メール/連絡先/カレンダー】>【アカウントを追加】の順にタップします。

カレンダー

アカウント情報を入力する

《アカウントを追加》画面で【Google】を選びます。名前Gmailメールアドレスパスワードアカウントを見分けるための説明を入力したら【次へ】をタップしてください。

Google

カレンダーをオンにする

Gmail

【カレンダー】をオンにします。他にも同期したいアプリがあればオンにして、【保存】をタップします。

同期を確認する

「カレンダー」アプリを開き、画面下の【カレンダー】をタップ。追加されたGoogleカレンダーのうち同期したい項目にチェックを打ち【完了】をタップしてください。

Google

その他のカレンダーを同期する

その他、CalDAVに対応したカレンダーを同期することができます。

アカウントを追加する

ホーム画面から【設定】>【メール/連絡先/カレンダー】>【アカウントを追加】の順にタップ。

カレンダー

アカウント情報を入力する

【その他】を選びます。サーバユーザ名パスワード説明を入力したら【次へ】をタップします。

その他

カレンダーをオンにする

Gmail

【カレンダー】をオンにして、【保存】をタップします。

同期を確認する

iCloudやGoogleカレンダーのときと同様に、画面下の【カレンダー】を開き、先ほど設定したカレンダーのうち、同期したい項目にチェックを打って【完了】をタップしてください。

Google

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報