TeachMe iPhone  >   iPhone  >   iCloud

iCloudの設定方法

iCloudはiPhoneやiPad、Macに限らず、Windows PCやウェブブラウザでも利用できます。ここでは各端末の設定方法を説明します。

iPhoneでiCloudの設定をする

「設定」を開く

ホーム画面

ホーム画面から[設定]をタップします。

「iPhoneにサインイン」する

設定画面

[iPhoneにサインイン]をタップします。

すでにサインインしている場合
すでにサインインしている場合

iPhoneをアクティベートする際などにApple IDでサインインしている場合、左図のようにユーザー名が表示され、iCloudはすでに利用できる状態になっています。

Apple IDとパスワードを入力

Apple IDとパスワードを入力

[Apple ID][パスワード]を入力し[次へ]をタップします。

Apple IDをお持ちでない方は[Apple IDをお持ちでないか忘れた場合]をタップして、Apple IDを作成してください。

Apple IDの作成方法 全手順

2ファクタ認証

2ファクタ認証を設定している場合、入手した確認コードを入力すると、iCloudにサインインします。

2ファクタ認証

パスコードを入力する

パスコードを入力する

使用中のiPhoneまたは同一Apple IDでログインしている別の端末のパスコードが求められるので入力します。

サインイン完了

サインインが完了すると、「設定」画面の上にユーザー名が表示されるので、これをタップして次の画面で[iCloud]をタップします。

サインイン完了

同期項目を選択する

同期項目を選択する

画面上部にiCloudストレージの使用容量が表示され、その下にiCloudを使用しているアプリや機能の一覧が表示されます。

iCloudにデータをアップロードしたくない項目は、緑色のスイッチをタップしてオフ(灰色)にしておきましょう。

なお、複数のiOS端末を所持している場合は、それぞれの機器で同様にiCloudの設定をしてください。

Windows PCでiCloudの設定をする

iCloudはiPhoneやiPadを同期できるほか、MacやWindows PCとも同期が可能です。Windows PCで同期できる項目は、写真(フォトストリーム)、ブックマーク(IE10以降、FireFox22以降、Chrome28以降)、メール、連絡先、カレンダー、リマインダー(Outlook 2007 〜 Outlook 2016)、iCloud Driveです。

iCloud コントロールパネルをインストールする

Windows PCでiCloudの設定をするには、iCloudコントロールパネルをダウンロードしインストールする必要があります。アップル公式ホームページを開き、[ダウンロード]してください。
※Windows 7 または 8が必須。Vistaは不可。

ダウンロード

iCloud コントロールパネルにサインインする

インストール完了後PCを再起動し、iCloudコントロールパネルを起動させます。Apple IDパスワードを入力し[サインイン]してください。

iCloudコントロールパネル

同期する項目を設定する

同期する項目にチェックを入れ、[適用]をクリックします。iCloud Driveにアップグレードしている場合は、iCloud Driveの項目も表示されます。

iCloudコントロールパネル
Macの場合

Macの場合は、「システム環境設定」に「iCloud」の項目が予め用意されているので、コントロールパネルをインストールする必要はありません。

■ブックマークのオプション
ブックマークの[オプション]をクリックすると、同期するブックマークのブラウザを選択することができます。

ブックマークオプション

ここで選択したブラウザのブックマークがSafariのブックマークと同期されます。

ウェブブラウザからiCloudにアクセスする

WindowsやMacのウェブブラウザからもiCloudの各機能にアクセスすることができます。


www.icloud.comにアクセスする

PCからwww.icloud.comにアクセスし、Apple IDパスワードを入力してサインインします。

サインイン

メイン画面

ブラウザで変更した内容は、iOS端末に自動で反映されます。

メイン画面

関連記事

iCloud

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る