カレンダーの使い方:基本操作

iPhoneの標準搭載アプリ「カレンダー」には、年間/月間/週間/一日ごとのカレンダーを表示したり、複数のカレンダーを設定している場合は、特定のカレンダーのみ表示させたりと、様々な表示オプションが用意されています。ここでは、「カレンダー」の基本的な操作方法をご紹介します。

カレンダーの操作方法・機能一覧


【カレンダー】を開く

ホーム画面

「カレンダー」アプリを開くには、ホーム画面の【カレンダー】をタップします。このボタンには現在の日付と曜日が表示されています。

表示するカレンダーを選ぶ

複数のカレンダーを設定している場合は、どのカレンダーを表示させるかを選択することができます。画面下の【カレンダー】をタップし、表示させるカレンダーにチェックを入れ【完了】をタップしてください。

カレンダー

年単位で見る

年間カレンダーを表示する

左上の【< ××年】をタップすると年間カレンダーが表示されます。をタップすると月ごとの表示に戻ります。

年間カレンダー

前後の年を見る

年間カレンダー

上下にスライドすると前後の年のカレンダーを見ることができます。

月単位で見る

月間カレンダーの見方

月間カレンダー

赤丸で示されているのが今日の日付、グレーの小さな丸が付いているのはイベント(予定)が登録されている日です。

前後の月を見る

月間カレンダー

上下にスライドすると前後の月のカレンダーを見ることができます。

カレンダーを表示したままイベントを確認する

カレンダー・イベント

カレンダー・イベント表示ボタンをタップすると、月ごとのカレンダーを表示したまま、選択された日付のイベントを確認できます。
この表示方法を解除するにはもう一度このボタンをタップします。

週単位で見る

週間カレンダーを表示する

端末を横向きにすると、一週間ごとのスケジュールに切り替わります。左右にスライドすると前後の週が表示され、上下にスライドすると前後の時間が表示されます。イベントの詳細を見るには、各イベントをタップしてください。

週間カレンダー

日単位で見る

一日のスケジュールを表示する

月間カレンダーを表示中に日付をタップするとその日のスケジュールが表示されます。月間カレンダーに戻るには【< ××月】をタップします。

一日カレンダー

前後の時間・日を表示する

一日カレンダー

上下にスライドすると前後の時間に移動し、左右にスライドすると前後の日のスケジュールに移動します。

イベントの詳細を表示する

イベントをタップするとイベントの詳細が表示されます。

イベント

イベントをリスト表示する

リスト表示

リスト表示ボタンをタップすると、イベントがある日を一覧表示できます。
この表示方法を解除するにはもう一度このボタンをタップします。

時間の表示幅を変える
表示幅

週単位・日単位に表示中に、縦にピンチイン/アウトすると時間の表示幅を変更できます。

「今日」を表示する

今日

【今日】をタップすると、現在の日付に移動します。

イベントを検索する

検索ボタンをタップして検索欄に記入すると、一致するイベントが一覧表示されます。

検索

その他の機能

その他の機能

【+】をタップするとイベントの追加が行えます。出席依頼についての新しい通知は【出席依頼】から確認できます。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報