iPhoneを探す(Find iPhone)

iOS 9からプリインストールとなった「iPhoneを探す」は、iPhoneを紛失してしまったときに、所在地を地図で確認したり、遠隔操作によりデータを保護したり、iPhoneの画面に連絡先の電話番号を表示させたりすることができるアプリです。


「iPhoneを探す」をオンにする

「iPhoneを探す」を使い、デバイスの所在地を追跡するには、それぞれのデバイスで「iPhoneを探す」をオンにしておく必要があります。ホーム画面から【設定】>【iCloud】>【iPhoneを探す】と選択して、【iPhoneを探す】をオンにしましょう。

iCloudの設定方法


「iPhoneを探す」を起動する

「iPhoneを探す」アプリは、ホーム画面の「便利ツール」フォルダに【Find iPhone】という名前で収納されています。タップして起動しましょう。

Find iPhone

サインイン

サインイン

Apple IDパスワードを入力してサインインします。

最後の位置情報を送信

《"最後の位置情報を送信"をオンにしてください》というポップアップが表示されることがあります。これをオンにすると、紛失したデバイスのバッテリが切れる直前の位置情報がAppleに自動的に送信されます。この設定は、【設定】>【iCloud】>【iPhoneを探す】からもオンにすることができます。

最後の位置情報を送信

デバイスが地図上に表示される

アプリが起動したら、同一Apple ID及びファミリー共有をしているメンバーで、「iPhoneを探す」を有効にしているデバイスの所在地が表示されます。

iPhoneを探す

緑色で表示されているのが、Wi-Fiまたはモバイルデータ通信で位置情報の確認ができるデバイスです。灰色のものは、デバイスが現在オフラインであることを示していますが、過去24時間にオンラインになったものは、デバイス名の下に最後に位置情報を検出した時刻が、そして地図上にその際の所在地が表示されます。

青色のものは、今iPhoneを探すを使っている自分のデバイスを示しています。

家族と位置情報を共有するかどうかを設定する

ファミリー共有をしている家族と位置情報を共有するかどうかは、設定アプリから選択できます。

【設定】>【iCloud】>【位置情報を共有】と進んで、【位置情報を共有】をオンにします。その上で、共有する家族を選択して【位置情報を共有】または【位置情報の共有の停止】をタップしてください。

位置情報を共有

ファミリー共有の設定方法

探したいデバイスをタップする

探したいデバイス

探したいデバイスをタップしましょう。ここでは、「iPhone 6 Plus」を紛失した場合を想定して、進めていきます。

デバイスの所在地

選択したデバイスが、拡大した地図上に表示されます。

デバイスの所在地

アクション

画面下の【アクション】をタップすると、【サウンドを再生】【紛失モード】【iPhoneを消去】の3つのボタンが表示されます。

アクション
経路案内

車のアイコンをタップすると、マップアプリが起動し、現在地からデバイスまでの経路案内が表示されます。【出発】をタップすればナビが開始されます。

経路案内

サウンドを再生

サウンドを再生

【サウンドを再生】をタップすると、紛失したデバイスにサウンドを鳴らすことができます。

サウンドは、デバイスがマナーモードに設定されていても最大音量で2分間鳴り続けます。

もしかしたら、自分の近くに探しているデバイスがあるかもしれないので、まずはサウンドを鳴らしてみましょう。

紛失モード

「紛失モード」では、デバイスのデータを守るためにパスコードでロックをかけ、さらに、デバイスにメッセージや連絡先の電話番号を表示させることができます。

【紛失モード】を選択して、【紛失モードをオンにする...】をタップします。

紛失モード
位置情報サービスがオフまたはオフラインの場合

紛失したデバイスの位置情報サービスがオフの場合でも、紛失モードを設定すれば、位置情報サービスがオンになります。また、オフラインのデバイスに対して紛失モードを設定することも可能です。この場合は、デバイスがインターネットに接続された時点で設定内容がデバイスに反映されます。

パスコードを設定する

パスコード

デバイスにパスコードを設定していない場合は、まずパスコードの設定画面になります。

6桁のパスコードを入力しましょう。

■電話番号を入力する

電話番号

紛失したiPhoneに電話番号を表示します。デバイスを拾った方が連絡してくれることを期待して、電話番号を入力しましょう。

この設定はオプションですので、電話番号を入力せず、【次へ】をタップしてスキップすることもできます。

■メッセージを入力する

メッセージ

次に、こちらもオプションなのでスキップすることもできますが、紛失したデバイスに表示するメッセージを入力します。メールアドレスなどを入れるのも良いかもしれません。

文章が決まったら、画面右上の【完了】をタップします。

以上で、紛失したデバイスにロックがかかり、さらに、画面上に電話番号とメッセージが表示されるようになりました。

紛失したデバイスでの表示
紛失したデバイス

紛失モードを設定したデバイスでは、入力したメッセージと連絡先電話番号、そして【発信】ボタンが表示されます。

【発信】ボタンをタップすると、ロック画面からその番号だけに発信が可能になります。

これで失くしたiPhoneが手元に帰ってくる確率もグンとアップするのではないでしょうか。

iPhoneを消去

【iPhoneを消去】を選択すると、デバイスに保存されているデータをリモート操作で消去することができます。この操作を実行しても、ロック画面には引き続きメッセージが表示されます。

iPhoneを消去
アクティベーションロック

iOS 7以降のデバイスでは、「iPhoneを探す」をオンにすると、アクティベーションロックも自動的にオンになります。同機能が有効になると、以下の操作を行うときにApple IDとパスワードを求められます。

・iPhoneを探すをオフにする

・iCloudからサインアウトする

・デバイスのデータを消去(リセット)する

アクティベーションロックが機能することで、紛失や盗難が発生しても、他の人がそのデバイスを使ったり売却したりするのが難しくなります。

ウェブブラウザの「iPhoneを探す」

「iPhoneを探す」は、ウェブブラウザからも使用できます。iPhoneを紛失してしまってiOSデバイスが他にない場合は、パソコンからアクセスしましょう。

iCloud.comにアクセスする

パソコンからwww.icloud.comにアクセスし、メイン画面で【iPhoneを探す】を選択します。

icloud.com

パソコン版iPhoneを探す

パソコン版iPhoneを探すでも、一部を除いてiOS版とほぼ同じ機能を使うことができます。

地図

関連記事

iCloud

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 6s 最新情報

iPhone 6s 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone 5se 最新情報

iPhone 5se 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報

人気記事

iPhoneのバックアップと復元方法

iPhoneのバックアップと復元方法

iCloudの設定方法

iCloudの設定方法

iCloudフォトライブラリとマイフォトストリームの違い

iCloudフォトライブラリとマイフォトストリームの違い

iCloudフォトライブラリの設定と使い方

iCloudフォトライブラリの設定と使い方

iPhoneを探す

iPhoneを探す

iCloudとは

iCloudとは