iPhoneを探す

iCloudの「iPhoneを探す」機能は、万一iPhone(iPad、iPod touch、またはMac)を紛失してしまった時のために、地図上でiPhoneの位置を確認したり、iPhoneにメッセージを送ったり、iPhoneにロックをかけたりすることができます。これらのことをすべて遠隔操作で行います。


iPhoneでの設定

「iPhoneを探す」を使用するには、あらかじめデバイス側で「iPhoneを探す」をオンに設定しておく必要があります。

【iPhoneを探す】をオンにする

iCloud画面

ホーム画面から【設定】>【iCloud】の順に開き、《iCloud》画面でiPhoneを探すオンにします。

これで、万一このiPhoneを紛失したとしても、「iPhoneを探す」アプリやPCのウェブブラウザ(www.icloud.com)からリモート操作が行えます。

iPhoneを探すの使い方

「iPhoneを探す」を使用するには、iPhoneからだと専用のアプリが必要になります。PCからだと、www.icloud.comのウェブ上から使用できます。


すべてのデバイス

すべてのデバイス

アプリを起動すると、《すべてのデバイス》画面が表示されます。画面下半分にiCloudに登録してあるデバイスの一覧が表示されます。緑のマークの付いているものが、「iPhoneを探す」がオンになっていて、Wi-Fiまたはモバイルデータ通信で位置情報の確認ができるデバイスです。

画面上半分にはそれらデバイスの位置が地図上に表示されます。

紛失してしまったデバイスをタップしましょう。ここでは、「iPhone 5s」を紛失した場合を想定して、進めます。

デバイスの位置画面

画面説明

※画面右上の車のアイコンをタップすると、「マップ」アプリが起動し、現在地から、紛失したiPhoneの位置までのナビ画面が表示されます。

アクション

《デバイスの位置画面》で、【アクション】をタップすると、3つのアクションが現れます。

アクション

サウンドを再生

サウンドを再生

【サウンドを再生】をタップすると、紛失したiPhoneで警告音がなります。バイブにしていても鳴ります。

もしかしたら自分の近くにあるかもしれないので、まずはサウンドを鳴らしてみましょう。

紛失モード

【紛失モード】をタップして、紛失モードの設定を行います。

紛失モード

パスコードを入力する

パスコード入力

紛失したiPhoneにパスコードロックの設定がされていない場合、パスコードを設定して、ロックをかけます。

これで、万一iPhoneが戻ってこなくても、iPhone内の情報を悪用される可能性は低くなります。

連絡先の電話番号を入力する

電話番号入力

紛失したiPhoneに電話番号を表示することができます。紛失したデバイスを拾った方が連絡してくれることを期待して、電話番号を入力しましょう。

この設定はオプションですので、電話番号を入力せず、【次へ】をタップして、スキップすることもできます。

メッセージを入力する

メッセージ入力

今度は、紛失したデバイスに表示するメッセージを入力する画面が開きます。

メールアドレスなどを入れるのも良いかもしれませんね。 文章が決まったら、画面右上の【完了】をタップします。

以上で、紛失したデバイスにロックがかかり、さらに、画面上に電話番号とメッセージが表示されるようになりました。

紛失デバイスにはどんな感じで表示されるの??
ロック画面

入力したメッセージ連絡先電話番号、そして【発信】ボタンが表示されます。
この【発信】ボタンをタップすると、ロック画面からその番号だけに発信が可能になります。
これで失くしたiPhoneが手元に帰ってくる確率もグンとアップするのではないでしょうか。

iPhoneを消去

メッセージ入力

紛失したiPhoneが戻ってくる可能性が無い場合、最終手段として、iPhoneに保存されているデータを消去します。

ウェウブラウザから探す

iPhoneを探す機能は、アプリからだけではなく、PCのウェブブラウザからも使用できます。

www.icloud.comにアクセスする

www.icloud.comにアクセスし、サインインします。メイン画面で【iPhoneを探す】をクリックします。

紛失モード

ウェブブラウザでの操作

ウェブブラウザでも「iPhoneを探す」アプリの操作方法と変わりません。

ウェブブラウザ

関連記事